集客できるホームページの作り方からSEOまで運用のコツをご紹介

Webサイトを作ったら、最初にやるべき3つのこと

ホームページを作ったらやること

ホームページは、オープンさせれば、それで終わりではありません。ここからが本番です。せっかくお金と時間をかけて作った自分(自社)のサイトですから、たくさんの人に訪問してほしいものです。

Webサイトを開設したらまずやるべきことは、次の3つです。

 

目次

 

Webサイトの告知

友人や知人、取引先などにサイトオーブンを知らせします。また、会社やお店の案内やパンフレット、チラシ、封筒、はがき、名刺などの印刷物にもURLを入れます。さらに、電子メールのシグネチャー(署名)にもURLを入れます。

会社や事務所の場合、プレスリリースを作って発信すると、メディアに取り上げてもらえる可能性が出てきます。インターネット上の無料のリリースサイトはたくさんありますし、新聞の場合、全国紙だけでなく、地方紙や業界紙などにも送りましょう。

 

XMLサイトマップを作成して、Googleに登録する

image156

XMLサイトマップを作って、Googleに登録します。XMLサイトマップは、Webサイトに掲載しているサイトマップとは別物で、検索エンジンにWebサイトの存在を知らせるものです。

検索エンジンに自社のサイトが登録されていなければ、検索結果に載ることはありません。検索エンジンは、クローラーという巡回ロボットを使って、インターネット上のコンテンツを取得しています。通常は、リンクをたどってコンテンツを取得していきますが、開設したばかりのサイトには外部からのリンクがあまりありません。そのため検索サイトに登録されるまでに時間がかかります。XMLサイトマップを作成して登録することで検索エンジンへの登録時間を短縮することができます。

Googleに作成したXMLサイトマップを登録するには、Googleサーチコンソールを使います。Googleサーチコンソールとは、Googleが提供するWebサイトの管理ツールで、Webサイトの診断なども行ってくれます。また、Google検索と相性の良いサイトやモバイルアプリを作成、維持するのに必要なツールなどを手に入れることができます。

Googleでの検索結果をよくするためにもGoogleサーチコンソールへの登録は欠かせません。

 

SNSを利用した情報発信を始める

SNSを通じて情報発信をすることで、検索だけではなくSNSからのアクセスを見込めるようになります。も一般の人との交流を深めたり、情報を拡散してくれる機会が得られるようになります。始めるメリット、デメリットについてや、上手に続けるコツ最低限守るべきマナーなどについて記事を書いていますので、SNS情報発信を検討しているならぜひ参考にお読みください。

 

まとめ

XMLサイトマップをGoogleに登録する作業は、新しいコンテンツの登録など、サイトの更新するごとに行います。サイトへの訪問者数を増やすためには、面倒でも手を抜かずに行うことが大切です。せっかく作ったサイトを活かすのは完成した後からの行動が大切です。完成してから放置したりせず、ビジネスの顔として育てていきましょう。


こんなお悩みをお持ちではありませんか?

ホームページで集客したいけど予算が限られている・・
古くなったホームページをリニューアルしたい
自作したワードプレスはデザインがイマイチ・・
お客様が集まるホームページを格安で作りませんか?
CHACO-WEBは月々0円で品質の良いホームページを制作しています。
ホームページ作成からリニューアル、ホームページ運営のことまで、なんでもご相談ください。
by
格安ホームページ制作CHACO-WEB.COM,制作ブログ
SNSでフォローする

コメントを残す