集客できるホームページの作り方からSEOまで運用のコツをご紹介

【公式サイトで本格的に集客しよう】ペルー語学学校のホームページ制作事例

【無料オンラインミーティングとテンプレート利用コースで短期納品・低コスト運営を実現】ペルー語学学校のホームページ制作事例

南米ペルーのリマのある語学学校ハポニョール様のホームページ制作事例をご紹介します。

・テンプレート(ひな型)デザイン制作
・スマートフォン / タブレット対応レスポンシブデザイン
・常時SSL対応
・WordPress導入
・オウンドメディア搭載

サイトはこちらからご覧ください。

すでにYouTubeやSNSでオンライン集客をしているが、さらに本格的に集客力を高めるにはどうすればいいでしょう?

ぜひご覧ください。

集客の軸として公式ホームページで集客力を付けたい

ハポニョール様はこれまで、主にYouTubeや無料ブログで集客をされていました。SNSも積極的に活用していましたが、軸となるホームページが無い状態。

そこで、「オンラインスペイン語教室ハポニョール公式サイト」としてホームページを立ち上げ、さらに集客の幅を広げることにしたそうです。

「語学学校」について検索をしているうちに、CHACO-WEBの語学学校ホームページの制作方法に関する記事をお読みになり、お問合せをいただきました。

語学学校ホームページ制作記事の内容にご納得いただけたとのこと、ありがとうございます!

 

こまめな更新に最適なWordPressで月額の固定費を抑える

ハポニョール様のご希望は以下の通り。

・きちんと集客をしたい
・SEOを強くしたい
・決済機能を付けたい
・ホームページから問い合わせを受けたい
・頻繁に更新したい
・運営コストを抑えたい

レッスン内容は、サイト納品後も頻繁に更新したいというご要望がありました。
ご自分で更新するなら、WordPressが最適です。
WordPressはCHACO-WEBの「らくらく更新ボタン」よりも細やかな更新ができるので、本格運用を目指す方におススメしています。

オンライン決済は、既にご利用されていたBASEを連結することで解決し、テンプレート制作にすることで最終的にお客様のご予算に収まるようにご提案いたしました。

・WordPress管理画面を搭載することで自社運営がしやすくなる
・CHACO-WEBの制作は初期の制作費用のみで月額固定費用がかからない
・WordPressならホームページを育てられ、SEOを強化しやすい

以上からCHACO-WEBにご依頼いただけることとなりました。

 

ホームページを作成し、本格的なウェブ集客

YouTubeやSNSのみでオンライン集客をしているのに、さらにホームページは必要なの?と思われる方もいらっしゃると思います。

対面ではなくネット上での集客の場合、きちんとしたホームページを持つことはビジネスに信頼を与えることにつながります。

YouTubeやSNSで興味を持ったお客様が、「どんな語学学校なんだろう」「どんな先生がいるんだろう」と思った時に、きちんとしたホームページがあることで信頼感が生まれ集客につながりやすくなるでしょう。

 

国外のお客様でもオンラインミーティングで距離を感じさせません

ハポニョール様は、ペルー在住ですので、打ち合わせの際にはスカイプ無料通話を活用しました。

国外在住のために、スムーズにやり取りができる会社を探しておられましたが、CHACO-WEBは創業当初よりオンライン取引をさせていただいております。
世界中どこからでも打ち合わせが可能です。

 

お客様からいただく原稿を元に、集客しやすいアレンジを加える制作

ホームページを訪れるお客様の満足度を高めるために、CHACO-WEBはテンプレートにもアレンジを加えながら制作しています。
このおかげで、まったく同じ見た目になることがありません。

今回ハポニョール様からいただいた原稿では、プロフィール文章は1つにまとまっていたものを、「トップページ」と「よくある質問ページ」に分けて掲載しました。

これにより
・ホームページ内にボリューム感を出す
・各コンテンツにふさわしい内容を掲載
することに成功しています。

ホームページを見てくれるお客様にどうしたら効果的な見せ方が出来るのかの演出ですね。

テンプレートを利用しての制作でも制作担当者の気配りを感じていただけると嬉しいです。

 

ホームページを軸にして、さまざまな媒体と連携

バラバラに展開していたYouTubeやSNSも、1つのホームページを作ることで、
・決済ページ
・YouTube動画
・ブログ
・TwitterやLINE、FacebookのSNS
のすべてを連結させ、まとめることができました。

集客には、たくさんの窓口を用意するのが効果的です。

ただし、例えばBASEのようにSEOに弱い媒体もあることに注意しなければなりません。
ホームページを軸としておくことで、SEOを強化しながら集客していくことができます。

・ホームページを見てからSNSをチェックしにいく
・YouTube動画を見てからホームページを確認する

お客様がインターネット上で色々な媒体に移動している姿がイメージできると思います。

 

 

まとめ

時差という壁はあるものの、スカイプとメールを利用しスムーズに制作ができました。

また今回のお客様の場合は、積極的な資料作成をしていただいた関係もあり、ご依頼後から制作開始までもとてもスムーズに進めることが出来ました。

制作を依頼しても原稿作成で時間かかってしまうかも・・・

そのような方のために、学習塾・教室ホームページ制作において、どのように原稿を作成すればいいか以前の記事でご紹介しましたので、是非ご覧ください。


          この記事を書いた人        
タク制作部長
株式会社Cyber Cats 制作部長。2011年よりWebサイト制作業界に入り、日々デザインとにらめっこしています。 美しい文字組みに関心があり、どうしたら相手に伝わるデザインができるか切磋琢磨する日々です。 奇抜な料理とロック好き。
詳しいプロフィールはこちらから
SNSでフォローする