集客できるホームページの作り方からSEOまで運用のコツをご紹介

保育園・幼稚園のホームページ制作のコツは最初に決める構成がカギ

幼稚園・保育園ホームページを作成するコツ

幼稚園や保育園のホームページを制作したり、リニューアルしたりする場合、どうすれば多くの人に見てもらうことができるのでしょうか。
 
「どんなことに気を付けて制作したらいいかわからない…。」
「どんなふうに作れば、見てくれる人が増えてくれるのだろうか…。」

 
など、制作についてのお悩みをお持ちの方は多いかもしれません。
 
そこで、今回は「幼稚園・保育園のホームページ制作のコツ」について解説していきます。
この記事を読むことで、押さえておくべきポイントを理解することができ、多くの人に見てもらえるホームページにすることができますよ。
 

 

ターゲットは子供ではなく「保護者」である

幼稚園や保育園のホームページを制作する場合、「保護者」をターゲットにするということを意識しましょう。
 
幼稚園や保育園の情報について知りたがっているのは、子どもでなく、子どもを通わせる保護者です。
 
そのため、保護者に対してしっかりと情報を発信できるホームページ制作を心がけなければならない、ということが、幼稚園・保育園でのホームページ制作の基本となります。
 

 

保護者が知りたいと思う情報を記載する

そのうえで重要なことは、「保護者が知りたいと思う情報」を記載することです。
 
子どもが通う幼稚園や保育園を選ぼうとするとき、保護者はその園のホームページの内容をよく読み、他の園と比較するからです。
 
さらに近年では、園の方針や取り組み、実際に子どもを通わせている保護者の口コミなど、様々な情報をインターネットで収集したうえで、希望の幼稚園や保育園が決められているのが現状といえます。

ただ単に家から近いから、というだけでは理由にならなくなっているということですね。
幼稚園・保育園ホームページ作成事例

弊社の保育園ホームページ作成例
 
 
そのため、保護者が知りたいと思う情報が充実していなければ、良いイメージが膨らみにくく、保護者が離れてしまう可能性も考えられます。
これまでのように、子どもらしく可愛らしいデザインのホームページであればよい、という時代は終わったと言っていいでしょう。
 

 

ホームページに載せるべき保護者が知りたい情報

それでは、保護者が知りたいと感じる情報には、どのようなものがあるのでしょうか。
順を追ってみていきましょう。
 

 

載せる内容1:教育方針や理念

どのような教育方針や理念の下で園児に対する教育がなされるかというのは、保護者にとってはとても関心が高い事柄です。
 
ホームページには必ず乗せなければならない情報であるといえるでしょう。
 

 

載せる内容2:園内設備

子どもが学んだり遊んだりする場所に、どのような設備が整っているのかということも、大きな関心ごとのひとつです。
園内の写真があると喜ばれます。

幼稚園・保育園の設備面が充実していることが特色でもある場合は、他の園との差別化を図ることもできますので、積極的に掲載していきましょう。

 

 

載せる内容3:年間のイベントスケジュール

年間のイベントのスケジュールを掲載すれば、これから子どもを通わせる保護者がイメージを掴みやすくなるのでおススメです。
 
また、随時お知らせをホームページに掲載しておくことで、今後の予定の目途や、それに対する準備もしやすくなるなどのメリットが考えられます。
 

 

載せる内容4:食事について(給食、アレルギー対策など)

給食の場合は献立の一例や各月の献立表を掲載しておけば、何を食べているかを確認できるので安心することができます。
 
さらに、アレルギーを持っている子どもへの対応方法や除去食などの情報は、子どもの身を案ずる保護者にとっては大きな心配事のひとつなので、詳細に記載しておくといいでしょう。
 

 

載せる内容5:アクセスや送り迎え(バス通園が可能か否か、時刻表やルートなど)

通園方法は保護者、子どもの生活パターンなどに直接関連してくる重要な情報のひとつです。
 
幼稚園・保育園の所在地のほか、近隣の地図、アクセス方法、バス通園を実施しているのかどう
かもホームページに記載しましょう。バス通園を実施しているなら、バスが通るルートや時刻表などの記載も必要です。
 

 

載せる内容6:保護者の声

幼稚園・保育園を選ぶ保護者にとって、実際に子どもを預けている保護者の声はとても参考になりますので、ホームページに載せることをオススメします。
 
その園の良い点はもちろん、要望や苦情に対してどのように対応したかなどを記載しておくと、他の園との比較のしやすさや、差別化につなげることができます。
 

 

載せる内容6:費用

幼稚園や保育園にかかるお金については、保護者の関心がとても高い部分です。
 
月にかかる保育料や、制服代、体操着代、お泊りなどにかかる費用など、お金に関わることも載せておくといいでしょう。
 

 

載せる内容7:卒園生の進学先

現代においては、一貫教育や小学校の受験など、子どもの進路に対して保護者の関心が非常に高まっているといえます。
 
そのため、子どもの卒園後の進学先を記載しておく幼稚園や保育園もあるようです。
 

 

載せる内容8:ブログやフォトギャラリーなど

日々の保育の様子などを書いたブログや、各イベントの写真や動画を集めたフォトギャラリーを載せておくと、幼稚園・保育園選びの大きな参考になるでしょう。
 
また、園に子ども預けている親にとっても、楽しみが増えますし、保育の様子や園内の雰囲気を伝えることもできますので、オススメです。
 

 

載せる内容9:募集要項

園の募集要項についても、詳しく記載しておくといいでしょう。それに合わせて、申込用紙などをダウンロードできるようにしておくと大変便利です。
体験入園や説明会を開く場合は、丁寧にホームページで案内を出しておくことで保護者の意欲が上がるはずです。
 

 

まとめ

幼稚園・保育園のホームページ制作のコツについて紹介してきました。
 
通うのは子供ですが、ホームページを閲覧するのはほとんどの場合がその保護者であることを意識し、保護者が求める情報を記載することが大切です。
 
説明した情報以外にも、必要と感じたものについてはホームページに記載してあげましょう。
また、それぞれの情報についてわかりやすく表現することも忘れないようにしてください。

ホームページはコンテンツ設計が重要です。構成を決める時の基本的な考え方を紹介しています。
第1回:ホームページに載せる内容の決め方 構成を決めるコツ


こんなお悩みをお持ちではありませんか?

ホームページで集客したいけど予算が限られている・・
古くなったホームページをリニューアルしたい
自作したワードプレスはデザインがイマイチ・・
お客様が集まるホームページを格安で作りませんか?
CHACO-WEBは月々0円で品質の良いホームページを制作しています。
ホームページ作成からリニューアル、ホームページ運営のことまで、なんでもご相談ください。
by
格安ホームページ制作CHACO-WEB.COM,制作ブログ
SNSでフォローする