集客できるホームページの作り方からSEOまで運用のコツをご紹介

オウンドメディアとは?どんなメリットがあるのか?

オウンドメディアとは

オウンドメディアは今とても流行っています。
とはいえ、オウンドメディアという言葉を聞いたことはあるけれど、しっかり意味を説明できない方は多いと思います。

今回は、オウンドメディアとは何なのか、オウンドメディアを作ることでどんな利益があるのかを説明していきます。

 

目次

 

オウンドメディアとは

オウンドメディアとは、自分の会社で持っているメディア媒体のことです。
例えば、TwitterやFacebookなどのSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)、ブログ、ホームページ、メールマガジンがこのオウンドメディアにあたります。

自社が独自で運営・発信しているメディア媒体=オウンドメディア

SNSが社会に浸透してきた今、SNSは一般ユーザーがまず見るものとして欠かせないツールとなりました。
企業がそれらを利用して発信することはもはや必要不可欠とも言えるでしょう。

 

オウンドメディアの成り立ちと由来

「オウンド」の言葉は英語のOwnedから来ています。(Own = 所有する、Owned = 所有された)

オウンドメディアの他には、以下の形態があります。

「ペイドメディア」(ペイド = Paid = 支払われた)
従来の広告のようにお金を払って宣伝広告するメディア形態です。
広告にお金を払って宣伝するメディア形態はなじみ深いのでイメージしやすいと思います。

「アーンドメディア」(アーンド = Earned = もたらされた)
消費者やユーザーの信用や評判を得るメディア形態です。
ブログやTwitterの一般ユーザーの投稿が情報の発端となって、商品やサービスについての情報が広まっていくことです。
いわゆる「口コミ」もこれにあたります。

 

オウンドメディアを実社会の店舗にたとえると

オウンドメディア、ペイドメディア、アーンドメディアはそれぞれ、お店の看板、お店前の呼び込みやチラシ、電柱や街の看板広告に例えられます。

まず、ホームページはお店そのもの(店舗)です。

ブログは、日替わりで記事を発信する特性から、お店に掲げた「本日のスペシャル」「日替わり定食」「日替わり特売品」の貼り紙に例えられます(オウンドメディア)。

メールマガジンは、受取人のメールボックスに届く特性から、店舗前で配るチラシに例えられますね(オウンドメディア)。

でもこれだけでは、お店の前に人が通りかからない限り、知ってもらうことはできません。そこで、お金を払って広告看板や電柱に広告を出したりします。これがペイドメディアです。

SNSは、実世界に例えるなら、おトク情報好きの主婦やOLの集まりがあちこちでおトク情報を広める立ち話をしている、といったイメージです。これがアーンドメディアです。口コミを広める役割を果たしているのがSNSと考えればよいでしょう。

自分の店の前だけでがんばっているよりも、広めてくれる存在に力を借りた方が効果的なのは言うまでもありません。

 

なぜオウンドメディアなのか

なぜ、今オウンドメディアが注目され流行しているのでしょうか。
その理由は、オウンドメディアでは莫大な広告費をかけることなく宣伝できる点にあります。

即効性はないですがずっと利用できますし(自社のメディアですから)、ユーザーに向けて直接伝えたいメッセージを発信できる点も大きなメリットです。
立派な自社メディアとして育てられれば、信用を高められ価値の大きいメディアを永久的に持ち続けられるのです。

バナー広告などのペイドメディアは、手広く認知度を上げられて即効性がありますが、継続するにも、規模を広げるにも企業にとっては莫大な広告費がかかります。
伝えられる内容が限られ、ネットユーザーへの訴求効果も薄いです。

また、アーンドメディアは消費者にとっては一番信頼されていますが、企業側がコントロールできません。

 

ホームページだけではダメなのか

オウンドメディアとしてただ単にホームページを単体で開設していても、ダメではありませんが、それだけでは不十分と言えます。

なぜなら、基本的にホームページは「待ち」の姿勢だからです。
ホームページにやってきた人々への案内としては機能を果たしますが、集客にあたっては、「待ち」のホームページだけでは足りないのです。

大きな知名度のある会社でもない限り、ホームページだけでは見込み客の元にあなたの会社の情報は届きません。
お店を開いただけで、宣伝をしなければ知られにくいのと同様です。

SNS発信力が高まった現在の潮流からも、自社の商品やサービスを紹介する入り口であるホームページだけでなく、知ってもらう手段としてのブログやメールマガジン、SNSでの発信が不可欠であると言えます。

 

まとめ

オウンドメディアはどういったもので、どのような役目を果たしているか、オウンドメディアの必要性がおわかりいただけたかと思います。

ペイドメディアだけで広告効果を期待する時代はすでに終わりました。いかにオウンドメディアで自社製品やサービスをアピールしていけるかが問われているのが現在です。

オウンドメディアの真の効果を得るためには、自社ホームページだけではなく、ブログやメールマガジン、さらにTwitterやFacebook等のSNSの発信もあわせて行い、オウンドメディアによる発信を確立させることが大切です。

今後も当ブログで、今後さらにオウンドメディアについてお伝えしていく予定です。


こんなお悩みをお持ちではありませんか?

ホームページで集客したいけど予算が限られている・・
古くなったホームページをリニューアルしたい
自作したワードプレスはデザインがイマイチ・・
お客様が集まるホームページを格安で作りませんか?
CHACO-WEBは月々0円で品質の良いホームページを制作しています。
ホームページ作成からリニューアル、ホームページ運営のことまで、なんでもご相談ください。
SNSでフォローする