【新型コロナウイルスに関する対応について】現在100%テレワーク移行済みで通常営業中です。テレワークに移行したい会社様からのご相談も受け付け中です。お気軽にご相談ください。詳細はこちらから。
集客できるホームページの作り方からSEOまで運用のコツをご紹介

店舗集客のためには必須! 集客に役立つ無料ツールGoogleマイビジネスを活用しよう!

Googleマイビジネスの活用方法

飲食店をはじめとした店舗ビジネスの集客に直結するサービス、しかも無料で利用できる。
それがGoogleマイビジネスの特徴です。
利用しない手はないですよね。

2014年に、GoogleのGoogleマップやGoogleの検索結果と直結しているため、地域のビジネスに強みを発揮します。

また、2017年から実装された「投稿」という機能では、マイビジネスのオーナーがお店の情報を投稿することが可能になっています。セールや季節のコースの案内などに使用できタイムリーな情報提供に向いています。

何より、無料で利用でき、検索エンジンでの上位出現が可能だというのが最大のメリット。

ここでは、Googleマイビジネスの特徴と活用方法についてご説明していきます。

 

Googleマイビジネスとは何か?

GoogleマイビジネスとはGoogleが無料で提供しているビジネスページサービスです。
Facebookページのように、店舗の写真やサービスの情報を発信したりお客様に写真や口コミを投稿してもらったりすることができます。

このサービスの最大の特徴は、地図サービスの事実上のスタンダードであるGoogleマップ、最大の検索サイトであるGoogle検索と連動しローカルビジネスでの集客に強みを発揮していることです。

Googleで「地域名+ビジネスのジャンル」と入力し検索した際に、検索結果上位に表示されますので、特定のジャンルや同業他社を検索するユーザーへの認知を拡大することが可能です。

Googleマイビジネスで

 

Googleマイビジネスを活用するメリット

Googleマイビジネスは、飲食店などをはじめとした店舗ビジネスの認知拡大に優れています

オーナーのGoogleアカウントに紐付けすることで、ページの管理、記事や写真の投稿、イベントの作成などの機能の利用が可能になるとともに、ダッシュボードで検索数やページビューなどの効果測定も参照できるようになります。
自身のビジネスがどの程度話題になっているか、検索されているかを一目で確認できるのです。

ユーザーが同時に参照しているライバル店の情報も知ることができ、差別化のヒントも獲得できます。

 

ユーザーのコメント、写真、評価を反映できる

飲食店の口コミメディアとして「食べログ」がありますが、Googleマイビジネスもユーザーが写真や評価、コメントを投稿することができます。
ユーザーの投稿に返答することが可能です。

双方向のコミュニケーションにより、ご来店に対するお礼を発信することも、お客様のご指摘に真摯に答えることもできます。

 

的確に管理することで、エリア内での優位性を獲得可能

Googleマイビジネスは、その検索性の高さと裏腹に他のサービスに比べ未開拓です。
しっかりと管理し活用することで、ライバル店に差をつけることが可能になります。

「食べログ」「ホットペッパーグルメ」などのグルメポータルは、事業者の側が積極的に営業をかけていますので、インターネットに詳しくないオーナーも有料プランの活用などそれなりの対策をしています。
美容院やエステなどの店舗ビジネスでも同様です。

Googleマイビジネスは、利用は簡単ですが、大きくアナウンスされているサービスではありません。
まだまだ活用しているオーナーが少ないというのが現状です。

無料登録し、コンテンツを充実させ、更新する

その手間を惜しむことなく対策をするだけで、「検索」という最上流のアクションで圧倒的に有利な接点を構築することができるようになります。

 

Googleマイビジネスをはじめよう

Googleマイビジネスは、とても簡単に始めることができます。
まず、Googleマイビジネスの登録サイトに行きます。

登録サイトはこちら。
Googleマイビジネス

「使ってみる」のボタンをクリックします。

「ビジネス名を入力してください」という画面が出ますので、店舗名を入力します。入力は日本語でも大丈夫です。
「居酒屋 山本」「クエリ美容室」などユーザーがお店を探す際に入力する屋号を入れましょう。

すでに、Googleマップ上に登録されている場合は、サジェストメニューに店舗名と住所が表示されますので、その中から選択してください。

「次へ」をクリックすると地図の画面になります。

示されている場所に間違いがないかを確認し、「次へ」をクリック。
ビジネスカテゴリーの設定画面になりますので、店舗のジャンルを入力します。

次の画面で、連絡先情報として、代表電話番号ならびにWebサイトのURLを入力できます。

ここまで入力すると、オーナーの認証になります。

確認は、ビジネスの所在確認を行うための認証でハガキか電話で行うことができます。
ハガキは届くまで二週間程度が必要になります。
一刻も早くマイビジネスを使用したいならば電話が便利です。
音声によって伝えられる認証コードを入力すると、オーナーとしてマイビジネスを編集することが可能になり編集したコンテンツをすぐに公開できます。

実際は、オーナーとして登録する以前にユーザーが店舗を登録し、評価やコメントを入れているケースがほとんどです。
その場合はオーナー認証をし、投稿してくださったユーザーへの返答やお礼をしましょう。

 

投稿機能を積極的に利用することで、Googleマイビジネスの効果を最大化できる

2017年からリリースされた「投稿」機能は、お客様へのアナウンスが可能な重要な機能です。
積極的に更新して集客に結びつけましょう。

「投稿」は、リリースされたばかりで、正しく活用しているオーナーはまだ多くはありません。

ブログのように、写真と文章を投稿できる機能で、Googleマイビジネス上で情報発信を続けることができます。
使い方は簡単。
写真をアップロードしコメントを記入するだけです。

季節限定のメニュー、その週のおすすめメニューなどタイムリーな情報を写真ともに定期的にアップし続けることで、Googleマイビジネス内の表示順位を上げることが可能です。
検索したユーザーに対し来店を促進することができます。

「投稿」には、Googleマイビジネスのスマートフォン用アプリが大変便利です。

 

Googleマイビジネスを見るお客様は来店行動に近い

Googleマイビジネスは、検索行動に紐付けています。
そのため、お客様に来店意向がある確率が高く保たれています。

まったく興味のないお客様ではなく、「気になっている」「いつかは行こうと思っている」お客様なのです。
先の「投稿」を効果的に活用することで、それらのお客様の背中を押し、来店のアクションに結びつけることが可能です。

そのためにも、Googleマイビジネスが推奨している予約、クーポン、メニューのページへのリンクを漏らさず登録したほうが効果的です。

「投稿」には、予約やクーポン取得といったボタンを設置することができます。

検索したユーザという見込みの高い宝の山に対して、効果的なキャンペーンや誘導施策を打つには、うってつけのメディアだといえるでしょう。

 

まとめ

Googleマイビジネスは、無料で活用できる検索に適したサービスです。
Googleは「無料のリスティング」と呼んでいます。
リスティングとは通常、検索結果に反映される広告を表しますが、広告を購入していなくても、マップや検索と連動して自分の店舗を表示することが可能です。

Googleが求める情報を網羅し、まめに「投稿」を行うことで、マイビジネスのなかでの上位表示を実現します。
集客に直結する無料サービスですので、活用していないオーナーさんはすぐにでも挑戦してみるべきです。

関連記事>>Googleサーチコンソールの登録方法を画像付きで解説


読めば集客力アップ CHACO-WEB
SNSでフォローする