集客できるホームページの作り方、SEO、ウェブマーケティング運用のコツをご紹介

書き方を学ぶオススメ記事をまとめました

会社で情報発信をする時に必要なのが「書くスキル」です。

YouTubeやInstagramのように動画や画像を投稿する時でも、シナリオやメッセージには「書く」ことが求められますよね。

今回は、書き方に関する記事をまとめてみました。

とにかく今の時代は「書く」ことは大事なコミュニケーションの一つですよね。
そろそろ書き方を学んでみたい、見直してみたい時にお役立てください。

 

書き方の基本

ホームページや企業ブログなどで文章を書く時には、学校で習った「起承転結」はあまり使いません。

  • 興味がない人に「おおっ」と思ってもらう文章
  • 読み飛ばしがちな人にも意味を理解しやすい文章
  • 業界のことを知らない人が「たやすく」わかる文章

にする必要があるからです。
この「基本」について解説している記事をご紹介します。

 

ブログの書き方

 

ブログの書き方の基本

情報発信をするブログ記事は、どのように書いていけばいいの?
まずネタをどうやって探す?
基本を解説した記事です。

 

ブログを書く前の準備法

ブログを書く前に、
「なぜこのネタで記事を書くの?」
「何を読む人に届けたいの?」
など整理してみると、記事の品質がグーンと上がりますよ、という解説です。

 

 

ブログ記事のタイトルと冒頭文の書き方

記事のタイトルは、「読むか」「読まないか」瞬時で判断されるとっても重要な場所です。
さらに冒頭文では、この記事が本当に自分の読みたいことが書かれているのか見極められています。

読みたくなる記事タイトル、冒頭文にすることは死活問題。
「読みたくなる」記事にするコツをご紹介します。

 

記事が溜まってきたら、リライトで磨こう

更新を続けて記事が蓄積して来たら、リライトをして記事を磨きましょう。

  • 古い情報を新しくする
  • よりわかりやすい書き方
  • 関連記事のリンク挿入

など、読み手がより快適にブログ記事を読めるようにするのがリライト作業です。

 

 

まとめ

ホームページに使う文章や、ブログの文章を書く方法は、誰もが最初は上手く書けないものです。

満足する内容にならないし、ボリュームも少ない。
アクセスも全然上がらない。
最初のうちはそれでも構いません。

上手く書けないからすぐ止めてしまうのではなく、まずは習慣になるまで続けましょう。
上達についての話はそこからで十分間に合います。

事業の魅力が伝わるホームページを作りませんか?


          この記事を書いた人        
ヤマ編集長
株式会社Cyber Cats ブログ編集長。2007年よりWebサイト制作業界に入り、制作から広告、オウンドメディアを 通じたマーケティングを手掛けてきました。 ブログの可能性に目覚め、「いかにわかりやすく伝えるか」切磋琢磨する日々です。観葉植物とファンタジー小説好き。
詳しいプロフィールはこちらから
ヤマ編集長のツイッターはこちら
SNSでフォローする