【新型コロナウイルスに関する対応について】現在100%テレワーク移行済みで通常営業中です。テレワークに移行したい会社様からのご相談も受け付け中です。お気軽にご相談ください。詳細はこちらから。
集客できるホームページの作り方からSEOまで運用のコツをご紹介

飲食店の公式ホームページを作成して集客につなげるためのポイント

飲食店のホームページ作成のコツ

今回は、飲食店のホームページの特色、作成する際に注意したいポイントをご案内します。

飲食店が成功するためには、味、接客、雰囲気はもとより、数多くの人に認知され来訪いただくことが大切です。

認知を広げるためには、お店の前の看板を魅力的でわかりやすい物にする、チラシを配布する、近隣のオフィスにメニューを配布する、などが即効性の高い施策として挙げられます。
まず地域のお客様を呼び込みリピーターを作るという戦略ですね。

それらにあわせて、料理やお酒に関心の高い層を集客したり、新しいお店を探している方にアプローチしたりするためには、ネットのユーザーとの接点を持つことも重要です。

では、飲食店が公式のホームページを作成する際、どのようなことに注意すれば効果的なのでしょうか。

 

もくじ

 

1 飲食店の特徴! お客様との接点はグルメサイト

 

1-1 飲食店のお客様は、グルメサイトで検索するのが一般的

ほとんどのお客様は、「食べログ」などのグルメサイトでお店を認知します。

デートや飲み会、食事会などのお店を探す際、スマホで検索しますよね。

検索する際、上位には「食べログ」「ぐるなび」「Hot Pepperグルメ」など、グルメサイト内の店舗ページが並びます。

多くのお客様は、それらの中から興味・関心を持ったお店を選び出かけます。

また、初めからグルメサイトのアプリを開いてお店探しをするお客様も数多くいらっしゃいます。

つまり、お客様が最初に接触するのは、このようなグルメサイトに掲載された各店舗の紹介ページなのです。

そこから、お店に興味を持ったユーザーが飲食店のサイトを訪問するという行動が一般的です。

 

1-2 グルメサイトに掲載されるメリット

グルメサイトは、コストいらずでお店の認知拡大をしてくれます。

グルメサイトの多くは、契約をしなくても勝手に店舗のページを作ります。

「食べログ」「Retty」など口コミ系のサイトならば、来店したお客様がレビュアーになって店舗ページを開設するケースが多く、「ぐるなび」などはネット上の情報を元にして店舗のページを作成しています。

営業時間や電話番号、地図などの基本情報は、グルメサイトと契約しなくても勝手に掲載されているケースがほとんどです。

もちろん、それぞれのサイトには有料契約もあります。
有料で契約すると、目立つ場所に掲載されたり、キャンペーンに参加することができたり、飲食店主導で、より魅力的な表現をしたりすることができます。

グルメサイトに掲載されると、その店舗ページがグーグルなどの検索上位に表示されますので、新規のお客様を集客するのに多大な貢献をしてくれます。

また、いまの時代、口コミによる効果は絶大で、「食べログ」で高い評価を得ているお店は、新規の来店も増加します。

無料会員登録だけでも、情報の編集が可能なサイトがありますので、特別なこだわりがない限り、グルメサイトを利用した集客は有効です。

 

1-3 お店とお客様のミスマッチを誘発する、グルメサイトのデメリット

グルメサイトに掲載されるデメリットは、お店の意図通りの情報発信に向かないということです。

「食べログ」や「Retty」など口コミ系のサイト経由で来店されたお客様と、こんなことを言われた経験はありませんか?

「ネットに載ってた、イサキのポワレが食べたくて来たんですけど、やってないんですか?」
「グルメサイトに完全禁煙って書いてありましたが、分煙なんですね。煙の臭いがダメなので帰ります」

口コミサイトに投稿するお客様は、来店した際に見知った情報や、自分たちが食べたメニューなど元にして書き込みます。

その際、季節限定のメニューをレギュラーメニューのように書いてしまうことも、お店のルールや営業時間などを間違って書いてしまうこともあります。
そして、お店は変化しますが、その情報は何年も残ります。

また、お店のコンセプトや雰囲気も、お店の意図通りには伝わりにくくなっています。

グルメサイトの中には、お店が無料会員登録することで、基本情報を編集したりメニューを掲載したりできるものもありますが、それらのサイトを常にチェックして修正するのは労力のかかる作業です。

 

2 お店の情報を十分に伝えるには、公式ホームページが不可欠

お店にとって大切なイメージやコンセプト、メニュー、旬のメニューなどを正確に伝える拠点として、公式サイトは必要です。

お店のこだわりやコンセプト、料理人の背景、スタッフが心得ていることなどは、グルメサイトや口コミでは正確に伝わりにくい情報です。

お店側が、自分たちの責任で、情報発信する拠点として、お店の公式ホームページは不可欠なのです。

 

3 お店の公式ホームページに必要な情報は?

 

3-1 基本情報 現在有効な基本情報が、正確に、親切に掲載されていること

<p現在有効なお店の営業時間、所在地、連絡先電話番号は正確に表現しましょう。

営業時間
現在有効な営業時間をしっかり表記しましょう。
お店側の都合や改善のために変化することもある営業時間。
営業時間が間違っていると、お店の信用に関わります

普段の営業時間は最新の情報を提供しましょう。
また、臨時休業や年末年始の特別な営業などイレギュラーな内容の情報は、事前にしっかりと伝えましょう。

また、情報の更新年月日を記すことも大切です。
それにより、現在も有効な情報なのかどうかをお客様に伝えることができます。

代表電話番号
電話は、予約や問い合わせで利用されるので大変重要です。
連絡が取れる時間帯も併記するようにしてください。

所在地・マップ
基本情報のなかでも大切なのがマップです。

ネットで接点を持ったお客様にとって、お店は、まったく知らない街にあるかもしれません。

正確な住所を記しておけば、グーグルマップのナビゲーションを利用して来店するお客様もいらっしゃいますが、ホームページにもわかりやすいマップを掲載したほうが便利です。

グーグルマップを貼り付けることも可能ですが、目印になる建物などを入れてわかりやすいデザインのマップを作成すると、より親切でしょう。

また、駅の出口から、交差点や曲がり角ごとに、主観画像(歩いている人の視点からの画像)を順番に並べてお店まで案内しているお店もありますが、地図が苦手だという方にとっては、とても親切です。

支払いの方法
お客様に誤認が多い要素として、クレジットカードが使えると思って来店される方が多いということがあります。
クレジットカードが使えない場合は、ホームページ上で告知しておく方が親切です。

 

3-2 メニュー 来店した際に注文できるメニューを正確に表記する

お客様が知りたいのは、来店した際にどんなメニューを注文できるのか、です。それを明記しましょう。

メニューのページは飲食店のこだわりの見せ所。お客様が注文したくなるような料理を魅力的に紹介することが大事です。

写真を使用する際は見る方のイメージを大きく左右しますので、プロに頼んだり、得意な友人に頼んだりし、クオリティの高いものを掲載するようにしましょう。

コースやセット、お得なメニュー
飲み会や食事会を目的としたお客様は、コースやセット、飲み放題などのメニューを確認します。
セットやコースの皿数や内容など、できるだけ詳しく書くことで、お客様がイメージしやすくなります。

飲み放題の場合は、飲み放題で頼めるドリンクが明記されていると、検討の際に参考になりますよね。

ランチメニュー
そのシーズンのランチメニューは、メニューの種類、セットの内容を正確に伝えましょう。
日替わりランチや週替わりランチの場合は、過去のメニューを写真入りで掲載しておき、詳しくは店頭で確認いただけるように誘導しましょう。

また、ビジネスパーソンの利用が多いので、ランチの営業時間も重要です。
ラストオーダーの時間もしっかりと記入してください。

レギュラーメニュー
定番のメニューはお客様に対する公約のようなものです。
価格の変更、内容の変更があった場合には、その度にしっかりと更新しましょう。

写真入りのほうがイメージしやすく、お店選びの検討に役立ちます。
写真が得意な友人に撮影してもらっているという飲食店も少なくありません。

季節メニュー、限定メニュー、日替わりメニュー
特別な日替わりメニューなどは、ブログやSNSを使用して情報提供しましょう。

店内でも黒板や張り紙で告知するような流動性の高いメニューは、ホームページを頻繁に更新するのは大変という方も多いでしょう。
また、ホームページの閲覧と来店の間にタイムラグがあるお客様に対しては混乱を招いてしまうかもしれません。

旬の素材を活かしたメニューやデザート、週単位や日替わりなど流動性が高いものは、基本的にお店で確認いただくようにしたいものです。

公式ホームページ上には、季節限定や日替わりのメニューがあることを明記し、参考になる過去のメニューを掲載するという方法がベストです。

オーダーのルールもホームページに明記
お店の業態によっては、お一人様ワンドリンク&ワンディッシュを注文いただくことや、お通しがあることなど、お店のこだわりがあるものです。
そのような条件、ルールも、事前にホームページに明記しておきましょう。

 

3-3 コンセプトとこだわりを正確に伝える

グルメサイトで伝わりづらいのが、お店のコンセプトやこだわりです。
それらは、お店の経営者や料理人の言葉できちんと伝えていくことが大切です。

お店選びでは、そのお店がどういう使い勝手なのかが鍵になります。
デート、女子会、子連れママ会、会社の飲み会などさまざまなシーンに、マッチするかどうかがお客様にとって大切な要素です。
判断材料を親切に提供しましょう。

コンセプト
端的なキャッチコピーで、お店の特徴を表しましょう。

「オーガニックワインと創作ベトナム料理とのマリアージュを楽しんでいただけます」
「ボリュームある最上級リブロースステーキを、リーズナブルにご提供」
「お子様も一緒に家族で楽しめる、やさしい中華料理です」

このように、お店がイメージてしいるターゲット、売りの目玉、他にはない特徴を打ち出します。

料理の写真とともに「どうしてそういうお店にしたいのか」という思いを、わかりやすい文章で表現しましょう。

それにより、お客様は、お店選びの目的とそのお店がマッチしているかどうかを判断します。
一緒に来店する予定の友人や同僚にも、お店の説明をしやすくなりますよね。

お店の雰囲気
お店の雰囲気は、お客様の満足度を左右する大きな要素です。
グルメサイトでは料理の写真が多くを占めますので、お店の雰囲気はなかなか伝わりません

外観写真、店内の写真、テーブルセットの写真などはもちろん、許可を頂いたお客様の食事風景スナップなどを掲載することにより、具体的にイメージできるようになります。

 

まとめ

公式ホームページの役割は、正確で親切な情報提供です。
お店が、お客様に約束することをしっかりと掲載することで、グルメサイトだけではカバーできない信用と好印象を獲得することが可能になります。

変化することもある基本情報や、マップ、メニュー、そしてコンセプトと雰囲気を正確に伝えること。
それにより、お客様とのミスマッチや誤解が少なくなり、お店に対する満足度が高くなるしょう。

また、リアルな店舗運営でもリピーター化に効果があると考えているのが「お声がけ」です。

ホームページという店構えとSNSでの交流により、新規集客と、リピーター対策が可能になります。

SNSの効果的な使い方については、別の記事でご紹介する予定です。

集客効果を伸ばしたい、できるだけ費用をかけずにホームページを作成、運営するにはどうしたらよい?など、ちょっとした疑問がありましたらお気軽にご相談ください

営業の人間ではなく、プロの制作者がご相談に応じます。


読めば集客力アップ CHACO-WEB
SNSでフォローする