集客できるホームページの作り方からSEOまで運用のコツをご紹介

第3回:ホームページに載せる内容の決め方 コンテンツ設計の具体例

コンテンツ設計の事例

ホームページを制作したいけど、どういった内容のホームページを作ればいいのかわからないという方に向けて「ホームページに載せる内容の決め方」を紹介しています。

  • コンテンツの構成を考えるコツ
  • ホームページに掲載するコンテンツにはどんなものがあるか

を2回にわたって説明してきました。
第1回:ホームページに載せる内容の決め方 構成を決めるコツ
第2回:ホームページに載せる内容の決め方 コンテンツの紹介
 
最終回、第3回は「コンテンツ設計の具体例」です。
コンテンツについては前回説明した通りですが、それを踏まえたうえで、「どんな職種にはどんなコンテンツを載せればいいのか」という点について、具体例を挙げながら解説していこうと思います。

具体例があるので、自分のホームページにて考える時の参考にお使いいただけます。
それではさっそく解説していきます。
 

 

コンテンツ設計とは

コンテンツ設計とは、
 
『ホームページに載せる情報(=コンテンツ)を洗い出して、階層構造化して整理すること』
です。

もっとわかりやすく言えば、ホームページを見にきたユーザーが、探している情報にスムーズにたどり着けるように設計してあげることです。
 
ホームページが出来上がってから「こんなページ要るでしょ」などと追加するのもいいのですが、制作時に前もって、どんなコンテンツが必要で、どのように配置するか、ホームページの全体像を想定しておくことが非常に大切になります。
 
こうしておけば的外れなホームページになる事もありませんし、後々コンテンツを追加しやすくなります。ホームページ制作において欠かすことのできない大事な作業がコンテンツ設計なのです。
 

 

コンテンツが果たす役割をもう一度考えよう

ホームページに載せるさまざまなコンテンツ(=情報)が果たす役割とは何でしょうか。

  1. ホームページの運営者(あなた)の目的を達成すること
  2. ホームページを訪問した人の問題を解決し、目的を達成させること

ホームページを制作する場合、何らかの「目的」があると思います。

  • 商品を購入してほしい
  • 施術の予約をしてほしい
  • 無料体験に申し込んでほしい など

一方で、ユーザーも「目的」があってホームページを訪問しています。

  • オーガニックにこだわったドッグフードを探している
  • 家の近くのマッサージ店を探している
  • ボルダリングを習いたいが、まずは一度体験してみたい など

つまり、コンテンツが果たすべき役割とは「運営者と訪問者、双方の目的も果たすもの」であるということになります。このことを意識しながら、コンテンツ設計を進めていきましょう。
 

 

競合サイトを参考に

ホームページに載せるコンテンツを選ぶとき、参考になるのが競合他社のホームページです。
 
どんなコンテンツがあって、自分のホームページには何が足りないかなど、客観的に見ることができます。
 
また、競合に対して、自社の強みをどのように表現して違いをアピールするか、ということを考えるときにとても効果的な方法であると言えます。
 
ホームページに載せる内容に困ったら、こっそり見てみると勉強になりますよ。
 

 

コンテンツ設計の具体例1:ヨガスタジオ

ヨガスタジオのホームページを制作するなら、以下のコンテンツが必要になってきます。

  1. トップページ(お知らせ・メッセージ・営業時間など)
  2. サロン、スタジオの紹介
  3. メニュー、料金
  4. インストラクター紹介
  5. 予約、お問い合わせフォーム、申込フォーム アクセス

ヨガスタジオに通いたいと思っている人が、知りたいことや気になっていることは何なのかをじっくり考えていきます。

◇ 通いやすいかどうか
◇ 教室はどんな雰囲気か
◇ レッスンメニューは豊富なのか
◇ 料金は適正か
◇ 先生はどんな人か
◇ 無料体験はあるのか

お客様(=ホームページの訪問者)がヨガスタジオを探す時に、知りたいと思う情報は、場所や料金、メニューの内容、設備の内容、先生の雰囲気や人柄がメインとなってきます。これらについて情報を載せることで、お客様が知りたい情報を網羅することができます。
 
一方、ヨガスタジオ側(=ホームページの運営者)は集客(=新しい生徒を獲得)するためにホームページを制作します。そのためには「予約ページ」「問い合わせページ」「無料体験申し込みページ」などを設置して、そこへお客様を誘導しなければなりません。
 
こうすれば、先述した運営者と訪問者、双方の目的を果たすことができるようになります。
関連記事:
ヨガスタジオで集客につながるホームページ作成のコツ
 

 

コンテンツ設計の具体例2:歯科クリニック

次に歯科クリニックを例にして、コンテンツについて見ていきましょう。

  1. トップページ(お知らせ・メッセージ・診療時間など)
  2. クリニック、ドクターの紹介
  3. 院内設備
  4. 治療の流れ
  5. 料金表
  6. 予約、お問い合わせフォーム、アクセス

これも歯医者を探している人が知りたい情報について考えながら決めていきます。

歯科クリニックのホームページで患者さんが知りたい情報は

◇ 診療時間
◇ クリニック内の雰囲気
◇ 院内設備
◇ 料金

などです。

これに対してクリニックが患者さんに起こしてもらいたい行動は

◇ 問い合わせ(電話、メール)
◇ 予約
◇ 来院

になります。
 
歯科では、治療時に患者へかかる負担についても気になるところです。院内設備や治療の流れなどのコンテンツを配置して、患者の不安を軽減することも重要になります。

関連記事:
歯科医院の集患にはブログ型ホームページが効果的!作り方のポイント

 

最後に

ホームページのコンテンツ設計について解説してきました。
ホームページを制作するときに、訪問者と運営者、両方の目的を達成するため必要なコンテンツを事前に想定しておきましょう。困った時には競合他社のホームページを参考にしてみてください。
 
また、業種によってはお客様の知りたいコンテンツに違いが出てきますので、何を求められているかじっくり考えて、目的を達成できるホームページ制作を目指しましょう。

コンテンツマップを作成していく方法を体得するとSEOに強く、お客様が読みやすいホームページが出来上がります。
コンテンツマップの作り方 わかりやすい5ステップ


こんなお悩みをお持ちではありませんか?

ホームページで集客したいけど予算が限られている・・
古くなったホームページをリニューアルしたい
自作したワードプレスはデザインがイマイチ・・
お客様が集まるホームページを格安で作りませんか?
CHACO-WEBは月々0円で品質の良いホームページを制作しています。
ホームページ作成からリニューアル、ホームページ運営のことまで、なんでもご相談ください。
by
格安ホームページ制作CHACO-WEB.COM,制作ブログ
SNSでフォローする