集客できるホームページの作り方からSEOまで運用のコツをご紹介

第1回:ホームページに載せる内容の決め方 構成を決めるコツ

ホームページに載せる内容

あなたが何かビジネスを始める時、必要になるものの一つなのが「ホームページを制作する」ということ。
ただ、作ることは決めたけれども、どういった内容のホームページを作ればいいのかわからないという方がほとんどではないでしょうか。

せっかくホームページを見に行ったのに、欲しい情報が載っていなくてがっかりしたことはありませんか?
作る時には、必要な情報を適切に載せてあるホームページにしなければなりません。

初めてホームページを作る方でも、考え方がわかればきちんとお客様が満足する内容のホームページを作れるようになります。

そこで、「ホームページに載せる内容の決め方」について複数回に分けて紹介して行こうと思います。
記念すべき第1回目は「構成を決めるコツ」です。    

第2回:ホームページに載せる内容の決め方 コンテンツの紹介
第3回:ホームページに載せる内容の決め方 コンテンツ設計の具体例

 

あなたがホームページを作る目的は何ですか?

ホームページを制作するときには、「ホームページに載せる内容」を考える前に決めておくべきことがあります。
それは

“ホームページを作る目的は何なのかをはっきりさせる”

ということです。
少しわかりづらいかもしれませんので、説明していきましょう。

そもそも、ホームページを作る理由の本質は「集客」です。
どんな会社も、どんなビジネスでも集客できなければ成り立ちません。
ホームページを作り、ユーザーに見てもらって興味を持ってもらい、商品の購入やサービスの利用につなげる。
これこそがホームページを作成する理由です。

そして、世の中に数多のビジネス形態がある以上、それぞれ集客する目的は違うはずです。
つまり、 「ホームページを作る目的は何なのかをはっきりさせる」ということは、

“あなたのビジネスにおいて、ホームページで集客することによって、達成したい目的とは何かを考える”

と言い換えることができると思います。
これがホームページを制作する際には非常に重要になります。

ホームページで集客をして、「何がしたいのか」、「どうしてほしいのか」。
自分のビジネスについて深く考え、ゴール(=目的)を設定したうえで、ホームページに載せるべき内容を考えなければならない、ということを肝に銘じておきましょう。
関連記事:ホームページ制作のコツ2:目的を明確にすると集客に役立ちます

 

目的達成のために必要なものは何か?

手掛けるビジネスによって目的はそれぞれ異なる、と先程述べました。

具体的な例を挙げてみましょう。同じ業種でも目的が違う事もあるでしょうから、あくまで一例と考えてください。  

ビジネスの種類 ホームページを作る目的
ヨガ教室 無料体験の申し込みをしてほしい
通販サイト 商品を購入してほしい
不用品回収業者 無料見積もりをしてほしい
エステサロン 施術の予約をしてほしい
弁護士事務所 問い合わせの電話をしてほしい

例えば、あなたがヨガ教室を経営しているとして、ホームページでの集客の目的が「無料体験の申し込みをしてほしい」だったとします。
無料体験や無料申し込みなどを提供し、商品やサービスの良さを知ってもらって顧客になってもらう、というやり方はよくあると思います。

しかし、肝心の無料体験の申し込み方がわかりにくいと、せっかくホームページを見てもらっても、体験者の増加にはつながっていきません。
無料体験をしてほしいのならば、無料体験を簡単に申し込めなければならないのです。目的が違う場合も同じで、簡単に商品を購入できたり、簡単に問い合わせができたりしなければなりません。

そのためには、商品購入のカートや予約・申し込み用のフォームなどの装置を設置したり、問い合わせ専用の電話番号を明記したりするなどの工夫が必要になってきます。
あなたのビジネスにおけるホームページの目的を達成するためには、欠かすことはできない要素ですので、しっかり覚えておきましょう。  

 

お客様が欲しい情報を探り、コンテンツを決める

ホームページで目的を達成するために必要なものがわかったら、ホームページに載せる構成を考えましょう。
ホームページに載せるコンテンツは、「お客様が欲しい情報」でなければなりません。
さらに、「ホームページを見に来たお客様にどのような行動をしてほしいのか」を考える必要があります。

そのためには、お客様の立場に立ってコンテンツ内容を考えることと、目的を達成するための道筋を考えた構成を組むことが重要になります。
まずは、どのような情報が求められているのかを考えてリストアップしましょう。
同業他社のホームページを参考にしてみるのもいいですよ。

次に、自分のビジネスにおける強みについても同様にリストアップしましょう。
すべてが出尽くしたら、それらを整理し、ホームページの構成を作っていきます。
このホームページの構成をまとめたものをサイトマップと呼びます。
このサイトマップをしっかり作らないと、伝わりづらいホームページになってしまうのです。ホームページの目的を達成できるかどうかを意識しながら、考えて制作しましょう。

 

まとめ

今回は、ホームページに載せる内容の決め方として、構成を決めるコツについて紹介してきました。
ホームページの目的をはっきりさせること、目的達成のための道筋と装置をつくること、お客様の求める情報を探ること。これらをしっかり意識しながら、じっくりと構成を考えていきましょう。

次回の記事は、具体的にホームページに盛り込むコンテンツを紹介していきます。
第2回:ホームページに載せる内容の決め方 コンテンツの紹介
第3回:ホームページに載せる内容の決め方 コンテンツ設計の具体例

リニューアルをするタイミングはは、コストを見直す絶好の機会です。
数年間の運営コストを下げて、より集客効果を出せることもできます。
格安でホームページをリニューアルするために見直す6つのこと


こんなお悩みをお持ちではありませんか?

ホームページで集客したいけど予算が限られている・・
古くなったホームページをリニューアルしたい
自作したワードプレスはデザインがイマイチ・・
お客様が集まるホームページを格安で作りませんか?
CHACO-WEBは月々0円で品質の良いホームページを制作しています。
ホームページ作成からリニューアル、ホームページ運営のことまで、なんでもご相談ください。
by
格安ホームページ制作CHACO-WEB.COM,制作ブログ
SNSでフォローする