集客できるホームページの作り方、SEO、ウェブマーケティング運用のコツをご紹介

ホームページをリニューアルするタイミングとは?見極める7つのポイント

2020年以降、ホームページに求められる役割は大きくなりました。
信頼を呼び、お客様に快適に使ってもらえるホームページを維持するには、適切なタイミングでのリニューアルが必要となります。

「ホームページを作ってから何年もたつけど、そろそろ作り替えるべき?」
「ライバルがホームページをリニューアルしてカッコよくなった。焦ってしまう…」

いつホームページをリニューアルするのが良いのか、悩んでしまう方は多いと思います。

今回は、このような時にはリニューアルを検討したほうが良いポイントを7つ挙げ、解説していきます。

 

1.ホームページが古い

「作りたては綺麗なデザインだったけれど、今は古臭いように感じる…」
「いまだにスマホ対応していない…」
「それどころかFlashが残っていて表示されない箇所がある…」
「自社ホームページを最後に確認したのはいつだったかな…」
「今のホームページを公開してから5年以上経ってそのまま…」
「他社のホームページが新しくて、なんだか眩しい…」
「前の担当者がいなくなってから手つかずの状態…」

このようなホームページは危険信号。早めのリニューアルをオススメします。

 

1-1.古いホームページを放置は危険!信用を落とします

お客様、商談前に検討中の相手先、求職者など…。
ホームページを古いまま放置していると、会社の態度を疑われてしまい、信頼されなくなってしまう危険があります。

問い合わせ前にホームページをチェックするのが普通の行動となったからです。
今、ホームページの鮮度はしっかり見られています。

「ホームページを見て発注を取りやめた経験がある」
経営者は3割もいるとされています。

  • デザインが古い
  • 情報が更新されていない

このようなホームページは受注機会を逃しているかもしれません。

 

2.自社の強み、コンセプトをホームページで表現できていない

ホームページ上で、あなたの会社の強みやコンセプト、ミッション・ビジョンなどを表現できていますか?
もし自信がないなら、ぜひリニューアルで強みやコンセプトを打ち出すよう検討をオススメします。

ホームページは依頼するかどうかの重要な検討材料になっています。
では、発注を検討している経営者がホームページを見るときに、どこを重視しているのでしょうか。
上述したホームページの鮮度の他に「会社のビジョンやミッション」をチェックしている経営者は多いとされます。

制作した時には「とりあえず作らなければ」と、当たり障りのない内容で済ませてしまったかもしれません。
今からでも遅くないので、
「ホームページを見れば、その会社のことがわかる」
を目指し、ぜひ会社の特徴をホームページで表現しましょう。

 

2-1.一部の更新で対応することから始めてもOK

  • ホームページすべてを作り替える予算を出すのが難しい
  • コンセプトだけでも急いで表示したい

できればデザインから表現をしてお客様に伝えるホームページが理想です。
しかし、時間や予算の問題で難しいこともあるかもしれません。
全面リニューアルでなくても、できることはあります。
トップページのキャッチコピーと画像を変える、こだわりやコンセプトを説明するページを作成するなど、できることを検討してみましょう。

 

3.快適に閲覧や操作ができないホームページ

  • ごちゃごちゃと情報が多過ぎて、どこを見れば良いのかわからない
  • シンプル過ぎて、欲しい情報がほとんど載っていない
  • ページが重い。読み込みに時間がかかってストレスを感じる
  • 問い合わせをしたいのに、ボタンがどこかわかりにくい
  • ページの移動をしたいのに、とことんスクロールしないとボタンが出てこない

このような現象があるホームページは、ユーザー体験を損なっています
急いで改善しましょう。
お客様がホームページで期待する体験を得られず、ストレスをもたらしているからです。

ホームページまでアクセスを誘導できても、集客の機会を逃しているかもしれません。
「お客様がホームページで快適なユーザー体験ができるにはどうすれば良いかな」
に着目してみましょう。

 

4.ホームページにアクセスがほとんどない

見られていないホームページは悲しいですね。

特に、検索エンジンに表示されないケースは要注意です。
会社名や商品・サービス名で検索しても検索結果に表示されない場合は、ホームページ自体に問題があるかもしれません。

  • 地域や固有名詞などの基本的なキーワードが入っていない
  • 検索エンジンに載らないようにブロックしている
  • ホームページの作り方が適切でなく、検索エンジンが登録してくれない

どこに問題があるのか洗い出してみましょう。
表示はされているけれど、あまりに順位が満足できない場合も同様です。
改善点を探し出して、修正行動を取って様子をみます。
一部の改良や修正で済む場合もありますし、リニューアルをしたほうが早く解決できる場合もあります。

 

4-1.SEO会社に依頼する場合は、会社をよく調べてから依頼しよう

検索順位の問題を解決するならSEO会社しかないと、すぐに依頼したくなりますよね。
しかし、依頼前には必ず会社を確認することをオススメします。
適切な施策をしてくれるSEO会社かどうかはとても重要です。

中には、悪質なSEO(このような施策はSEOとは言わないのですが)を行う会社や、意味のない施策をして料金を請求する会社も存在します。

検索順位をなんとかしたいと焦ってしまうかもしれませんが、大切なホームページを任せられるかどうか、確認してからでも遅くはありません。

 

5.ホームページの更新が簡単にできない、管理が大変で負担が大きい

ホームページは「更新」するものです。
適切な時に情報を新しくして、公式サイトとして確かな情報を発信する役割があります。
作って終わりではありません。
ホームページの運営がしにくい場合も、リニューアルを検討するタイミングの一つです。

  • 更新作業が難しくて、やろうと思っても放置しがち
  • 管理を依頼している制作会社に更新をお願いしているが、反映までに時間がかかる
  • 月額の管理費が予想以上に圧迫している
  • 手軽に更新や管理ができるようにして、ホームページの情報を最新に保ちたい

実際に運営するようになると、更新や管理の方針を改めて考え直す機会が出てくるかと思います。
「自社ではどのように運営していくのが良いか」
を考えてみましょう。

既にホームページを運営してきた経験がありますから、考えやすくなっているのではないでしょうか。

 

6.会社のイメージを変えたい時

デザインは直感的にイメージを作り上げるため、印象を変えたい時にリニューアルは最適な手段です。

これまで説明してきたリニューアルを検討するタイミングは、問題を解決することが中心でした。
このように、プラスのイメージを作る際にもホームページのリニューアルは有効です。

  • 新体制になり、今後の活動に合うデザインに変更したい
  • ビジョンやミッションを策定し直したので、ホームページデザインに反映させたい

同時に、ブログやSNSでコンテンツを作成して情報発信していくと、会社の知名度はあがりやすくなります。

 

7.ホームページの運営方針を変えたい時

シンプルな会社案内のホームページから、直接集客できるホームページに変えるなど、運営を大きく変更する際にもリニューアルが必要です。

  • 検索機能
  • 予約システム
  • 商品購入

などを搭載したホームページが該当します。

運営スタイルを変える際には、管理を外部サービスに依頼するのか、自社で行うのかなど、予算や具体的な作業を洗い出して検討しましょう。

 

8.ホームページの耐用年数は3~5年ほど

ホームページは一度作ったら、どのくらい使い続けられるのでしょうか。
商用としてのホームページは3~5年でリニューアル時期を迎えます。
個人ならずっと使い続けても問題ありませんが、企業が提供するホームページはそうはいきません。

ユーザー(お客様)に、ホームページで良い体験を提供することを目指すのが企業ホームページとして本来の在り方です。
スマートフォンが年々進化するように、ウェブ技術の進化に合わせて、ホームページも変えていく必要があるのです。

コロナ禍より前は「とりあえずホームページを持っていれば良かった」雰囲気がありました。

しかし、現在は地方でも古いホームページに対しては印象が悪くなるように、会社のホームページも常に気を配っておく必要があります。

ホームページの予算を考える際は、リニューアル時期についても想定しておくと安心です。

 

9.まとめ

事業者はホームページを持っていて当然の時代から一歩進み、「きちんとホームページで会社を表現している」ことが求められるようになりました。

会社からできるだけ情報が公開されていると、お客様は安心してくれるようになります。

  • 長年放置してしまったホームページ
  • 自社の特徴を打ち出せていないホームページ
  • わかりにい、使いにくいホームページ
  • 更新や管理がやりにくい、負担が大きいホームページ
  • アクセスされていないホームページ
  • イメージアップを狙いたい時
  • 運営方針を変えたい時

このような時にはぜひホームページのリニューアルについて検討し、事業の問題にプラスになるよう行動してみましょう。
リニューアルと同時に、SNSやブログを活用した情報発信も積極的に検討をオススメします。


          この記事を書いた人        
ヤマ編集長
株式会社Cyber Cats ブログ編集長。2007年よりWebサイト制作業界に入り、制作から広告、オウンドメディアを 通じたマーケティングを手掛けてきました。 ブログの可能性に目覚め、「いかにわかりやすく伝えるか」切磋琢磨する日々です。観葉植物とファンタジー小説好き。
詳しいプロフィールはこちらから
ヤマ編集長のツイッターはこちら
SNSでフォローする

コメントを残す