集客できるホームページの作り方からSEOまで運用のコツをご紹介

ホームページをリニューアルするタイミングを見極めるための7つのポイント

ホームぺージのリニューアル時期を決める

一つのものをメンテナンスしながら長い間使用することは、決して悪い事ではないでしょう。
しかし、それがホームページともなると、そういうわけにはいきません。

ホームページのデザインや機能はずっと、しかも速いスピードで進化しています。
つい5年前に制作したものでも、さまざまな部分に問題が出てくるものです。
 
そういう場合に効果的なのが、ホームページをリニューアルすること。
問題点を解決し、目的を達成するためのホームページにしていくことが大切です。

では、具体的にどのような点に問題を感じたら、リニューアルの時期を迎えていると判断できるのでしょうか?

「いつリニューアルするのが良いの?」
「そもそもリニューアルって必要なの?」

という疑問もわいてくると思います。

今回は、ホームページのリニューアルを検討すべき7つのポイントについて紹介していきます。

 

ホームページは3年から5年でリニューアル時期を迎えます

ホームページの耐用年数は3年から5年ほどです。
今はものすごいスピードでインターネット環境が進化しているので、5年は持たないと言われています。

そんなものかな、という方も
けっこう短いな、という方も、
5年前はスマホでネットを見る人のほうが少数だったことを思い出していただけると、状況の変化を体感できると思います。

今では高齢者になった筆者の母もスマホで何でも検索しているのを見ると、なるほどなーと思ってしまいます。

ネットを閲覧する環境が大きく変わったことや、ネットユーザーつまりお客様が求めていることが変わったことで、それに合わせたホームページにしていくためにリニューアルする必要があるということです。

「作るときにすごく苦労したからもうリニューアルしたくない!」
「古いけど気に入ってるから、このままでもいいかな」
「またお金かけるのが嫌」

こんな方もいらっしゃると思います。

でも、ちょっと待ってください。

ホームページは、集客をしたり販売をしたりと、最終的には売り上げにつなげるために作っているはずです。
今のあなたのホームページが売り上げにつなげる力が衰えている状態だとしたら、なんとかして回復させたいと思いませんか?

これまで以上に力を発揮してくれるホームページになってくれたら嬉しいと思いませんか?

リニューアルは、ホームページの力を引き出すことができる良いチャンスです。
これから紹介するポイントに一つでも当てはまることがあったら、ぜひ前向きに検討してみてください。

 

ポイント1:スマートフォン対応になっていない

リニューアルするべき理由の第1位といえるのが「スマートフォンに対応していないホームページ」です。
今はホームページもスマートフォンが主流と考えて間違いありません。
”スマホで検索”が基本ですから、スマートフォンで見やすく表示できないホームページはリニューアルが必要です。

なぜなら、スマートフォンでネットを見ているお客様が多いのに、そのたくさんのお客様をきちんと出迎えられない状態だからです。

総務省が発表している「情報通信白書」によると、2011年に14.6%だったスマートフォン保有率が、2016年には56.8%と、5年間で約4倍に増加しているそうです。
 
最近では、パソコンではなく、スマートフォンを使ってキーワード検索をしたり、サイトを閲覧したりするケースが多くなっています。
スマートフォンでも閲覧しやすい「レスポンシブwebデザイン」を多くの企業が採用するようになりました。
 
スマートフォンで見たときにパソコン版のホームページが表示されると、多くのユーザーが煩わしさを感じるようになり、そのページを離れてしまうともいわれています。
 
スマートフォンを使っているお客様にもしっかり接客できるホームページで、集客の機会を逃さないようにしましょう。
2018年のホームページリニューアルで必ずやるべきたった一つのこと

 

ポイント2:フラッシュが使われている

フラッシュが使われているホームページも、リニューアルが必要です。
今の時点でフラッシュはほとんど表示できなくなっているからです。特にスマートフォンではサポートされていないのが標準ですから致命的ともいえます。

表示されていないFLASH

※上の画像:FLASHを設置しているが、表示されていないホームページはこのようになる

パソコンのホームページの一部分を強調するツールであるフラッシュ機能。
少し前までは、多くのホームページで採用されていました。
 
ただし、iOS(iPhoneやiPad)では2010年から、Android(スマートフォン)でも2012年から、Googleでは2015年9月から、フラッシュは見られなくなっています。
 
また2020に「Flash Player」(フラッシュの正式名称)の配布とアップデートを終了すると、発行元のアドビ社が発表しています。
FLASHが2020年末で終了します。
 
残念ながら、フラッシュはすでに過去のものとなっています。
この際、ホームページをより洗練されたものにリニューアルしてみてはいかがでしょうか。

 

ポイント3:ホームページを制作してから5年以上そのままになっている

5年以上前にホームページを制作してそのままになっていると、情報がわかりにくかったり、ホームページのデザインに古さを感じたりする場合があります。
このようなホームページは、良いユーザー体験を提供できていません。
絶対に覚えておくべきユーザーエクスペリエンスとは?何が重要?

良いユーザー体験をもたらさないホームページは集客力を大幅に落としています。
ライバルがわかりやすくて使い勝手が良いホームページに改良しているなら、どんどん差を付けられているはずです。

ホームページを比較して検討中のお客様がどちらを選ぶでしょうか?
 
ユーザー目線に立ってみてもらえるようなホームページにしたい、イメージやブランディングを重要視しているなどの場合は、見やすくわかりやすいデザインのホームページへのリニューアルを視野に入れた方がいいでしょう。

一般的に、各企業のホームページは3~5年ごとにリニューアルする傾向にあるようです。
また先述したように、ここ数年でホームページを取り巻く環境は大きく進化しており、最新の機能やデザインを導入したホームページを採用する企業も増加しています。

 

ポイント4:ホームページの更新が複雑で難しい

手軽にホームページを更新できる環境を整える、というのもリニューアルのタイミングといえます。

かつて、ホームページといえば制作したのはいいものの、更新が複雑かつ面倒で、業者に更新を依頼しても時間と費用が掛かってしまうことが一般的でした。
 
しかし、現在ではホームページの運営者が自分で手軽にホームページを更新し、有益な最新情報を発信するようになっています。
ワードプレスをはじめとするCMSや、各社が提供している更新ツールは、専門知識がなくても更新ができます。

思い切ってリニューアルしたほうが、これから先数年間の手間とコストが軽減することもあるはずです。 
格安でホームページをリニューアルするために見直す6つのこと

時代の流れに取り残されないためにも、更新のしやすいホームページにリニューアルすることは重要であるといえます。

 

ポイント5:ホームページの目的が変化した時

過去にホームページを制作した時の目的と、現在のホームページに期待する目的が変化しているケースもあるでしょう。
今のホームページが目的の達成に適していなければ、リニューアルをして目的達成に突き進むのが良いでしょう。
 
ホームページを持っていることが信頼につながる時代は過ぎ、今では、ホームページで達成したいことをいかに実現させるかが重要視されています。
 
商品やサービスを購入してもらいたい、問い合わせを増やしたいなど、目的に応じてホームページを再構築することは、ビジネスに変化をもたらす可能性を大いに秘めています。

 

ポイント6:ホームページからの反響が大きく減ってしまった

これも目的を達成できない状態になっているホームページの例です。
まずは反響が減ってしまった原因を探ってみましょう。

原因の多くは良いユーザー体験を提供できていないために起きていると考えられます。

  • ページの読み込みがとても遅くて離脱している
  • ごちゃごちゃしてわかりにくい
  • 文字が小さくて読みにくい
  • 欲しい情報が載っていない
  • ワンタップで電話できない
  • メールフォームが記入しにくい

このような「ユーザーに良い状態を作り出していない」ホームページはSEOにも悪影響が出てしまうので検索順位を落とします。

お客様が逃げる悪循環ができてしまっているのですね。

次に反響を取り戻すための戦略を立てて、ホームページを最適な状態に改修します。
全面リニューアルが必要なければ、部分的な改善や修正でも良いです。

 

ポイント7:会社のコンセプトを変えてイメージを刷新したい時

会社やお店のイメージを大きく変えたい時は、ホームページもリニューアルをしてイメージアップを狙う良いタイミングです。

新しいデザインは、多くの人が良い印象を持ちます。新しい顧客層を角度くできる可能性もあります。

こういう時にはペルソナをしっかり設定してデザインを決めていくとより効果的です。
コンテンツマーケティングに欠かせない「ペルソナ」について徹底解説
 

 

まとめ

ホームページをリニューアルするタイミングを判断するポイントとして7つを紹介しました。

  • ポイント1:スマートフォン対応になっていない
  • ポイント2:フラッシュが使われている
  • ポイント3:ホームページを制作してから5年以上そのままになっている
  • ポイント4:ホームページの更新が複雑で難しい
  • ポイント5:ホームページの目的が変化した時
  • ポイント6:ホームページからの反響が大きく減ってしまった
  • ポイント7:会社のコンセプトを変えてイメージを刷新したい時

ホームページとそれを取り巻く環境、技術は日々変化と進化を繰り返しています。

せっかくホームページを持っていても、見やすく、わかりやすくなければ意味がありません。
来るべきタイミングでリニューアルし、より多くの人に見てもらえるホームページを目指していきましょう。
ホームページのリニューアルで集客力を上げるために見直すべきこと

もちろん、リニューアルの後も売れるホームページにするために更新は欠かせません。集客しているホームページはいつも成長しています。
売れてるホームページはココが違う!集客できるホームページの特徴とは?


こんなお悩みをお持ちではありませんか?

ホームページで集客したいけど予算が限られている・・
古くなったホームページをリニューアルしたい
自作したワードプレスはデザインがイマイチ・・
お客様が集まるホームページを格安で作りませんか?
CHACO-WEBは月々0円で品質の良いホームページを制作しています。
ホームページ作成からリニューアル、ホームページ運営のことまで、なんでもご相談ください。
by
格安ホームページ制作CHACO-WEB.COM,制作ブログ
SNSでフォローする

コメントを残す