集客できるホームページの作り方からSEOまで運用のコツをご紹介

介護・福祉事業者ホームページが集客のためにできること

介護・福祉のホームページ制作のコツ

高齢化社会の本格的到来を迎え、介護・福祉業界の需要は大きくなり市場は拡大していくとみられています。

しかし、介護・福祉業界の多くは「とりあえずホームページがあればいい」という考えの方が多く、しっかりと集客を見込んだホームページは作りをしていないのが現状です。
このような実態は、後ほどご紹介する「介護・福祉業界は検索で破綻を起こしてしまっている状態」からも読み取ることができます。

これを逆手に取ると、インターネット経由の集客はまだまだ伸びる余地があり、今が他社に差をつける良いチャンスの時期と言えます。
しっかりと利用者に向けて情報発信しているホームページを作れば、集客を増やすことができるのです。

では、集客につながるホームページの作り方とは?
ポイントは
”介護・福祉サービスを利用する人の目線に立って、利用者が欲しい情報を提供するホームページ”
です。

今回ご紹介する記事を読めば、どんなデザインと内容にすれば集客できるようになるのかがわかります。
今ホームページをお持ちの方も、ぜひ参考にしていただきホームページの見直しに生かしていただければ嬉しいです。

 

介護・福祉事業者にとってホームページは重要か

介護・福祉事業者が、ライバルの事業者と差別化し利用者を集客したいと考えるならば、現在、ホームページほど差が出る方法はありません。
それほど介護・福祉分野のホームページは改善の余地があります。

介護サービスを受けようというときどこから調べますか?

担当のケアマネージャーから紹介される際に渡されるパンフレットや資料も参考になりますが、それだけでは、利用者の方は安心して選択できないようです。

そのため、インターネットで検索するという行動に出ます。

 

いわば検索破綻を起こしている介護業界

検索エンジンで、訪問介護やデイサービスを検索してみると、とても大きな問題があることに気づきます。

地域の介護事業者を調べたいと思ったユーザーは「介護×(地域名や駅名)」「ヘルパー×(地域名や駅名)」などのキーワードで検索をかけるのが一般的でしょう。
試しに、ご自分の地域で検索してみてください。

いかがでしょうか?

検索の上位は、介護士の求人情報の山。
求人ポータルサイトのコンテンツから、各事業者のヘルパー募集やセミナーの案内で埋め尽くされ、利用者が本当に知りたい事業者のサービス内容や施設概要は、ずっと下に表示されてしまいます。

これでは、利用者の方々にとって便利で親切な状態だとは言えませんよね。
ある意味検索破綻を起こしているのです。

この状況には理由があります。

Googleのキーワードプランナーを使用し、「介護」「ヘルパー」などのキーワードに関する関連キーワードを調べると、「介護×求人」「介護×資格」などの検索結果ばかりが並ぶというのが現状です。
つまり、介護やヘルパーというワードで情報を求めている人のほとんどが、求職が目的であり、事業者側にとっては求人が主たる課題であるということです。

また、介護・福祉事業のホームページが適切な情報発信をしていないので、Googleは検索順位を下げてしまうという結果を引き起こしています。

そのために、本当に利用者が知りたいと思っているコンテンツよりも、求人関連のコンテンツが優先されてしまうのです。

 

これから、事業者の比較検討の舞台はホームページに

今後、高齢化社会が進むにつれ、事業者選びのための比較検討の場として主流になっていくのは、ホームページです。

現在の検索破綻の現象は、介護・福祉業界では、まだまだホームページの上手な活用がなされていないことを表しています。

利用者の多くはは介護サービスを選択するのが初めての方です。
事業者ごとの違いよりも月々必要な利用料金の自己負担や提供されるメニューに関心があり、ケアマネージャーから説明を受けながら受けるサービスを決定します。

実際にサービスを受ける利用者の方の多くは、社会福祉協議会のケアマネージャーにケアプランを立ててもらう際に、事業者のパンフレットを渡され紹介されることが多いですよね。
その際、事業者の質や思いを伝えるのは、パンフレットです。

パンフレットには、気持ちの良いビジュアルとともに事業者のバックボーンや考え方、スタッフの写真などが掲載され、具体的なサービスが写真入りで説明されています。
親しみやすく愛着のわくフォントで書かれた説明が、利用者の心を動か契約を後押しします。

今後、介護サービスを受けることが一般化していくと、事業者の選択肢も増え、ご家族はより多くの情報を得て比較検討しようとします。
そういう時代になれば、インターネットで事業者やサービスを検索するという行動が一般的になり、求人を検索する方を越えていくかもしれません。

そのような時代を見越して、ホームページを今のうちから戦略的に作成することは、ライバルや大企業がバックボーンにある事業者との差別化を図るにあたって大変有利になります。
今こそ、介護・福祉分野の事業者はホームページに力を入れるべきなのです。

 

福祉・介護分野のホームページに必要な情報とは何か

求人関係の関連ワードを除外して、検索ワードを分析すると浮かび上がってくるのは以下の4点です。

  • 地域にはどんな事業者があるか
  • メニューやサービスの内容
  • 料金や費用、その自己負担分
  • 住んでいる地域で信頼できる事業者はどこか

多くのご家族にとって、介護事業者選びは初めての体験です。
経験のある人に聞いたり調べたりして、少しずつ知見を深め間違いのないように事業者を選択したいと考えています。

上にあげた4点は、事業者の公式ホームページ上に最低限必要です。

また、比較検討して選択するのが初めての利用者の方々は、サービスの内容にいてもまったく知らないと考えたほうが良いでしょう。
そのため、業界の内部では常識だと考えてられていることについても、わかりやすく解説する必要があります。

それらをクリアすれば、事業者への信頼や期待も膨らみ、選択の候補に上がることができます。

 

共感を獲得するビジュアルとキャッチコピーによるトップ

介護・福祉関連事業者のホームページで大切なのはトップページです。
最初にホームページを訪れた方の第一印象を左右するからです。
明るく希望に満ちた人生を思い起こさせるような明るい写真やイラストを配置し、利用者の心をつかむキャッチコピーを配置しましょう。
デザインは、思い切ってアパレル業界や、女性向けメディアのものを参考にすると良いでしょう。

現在の介護事業者のホームページの多くは文字中心のものです。
それには福祉という分野が真面目さや真摯さを求められるものであるという考えがあります。

しかし、スマホでホームページを見ることが多い現在、トップページにはあまり文字が多くないほうが好感を持たれるでしょう。
メインのビジュアルとキャッチコピー、数行のリードコピーという構成で、事業所の素晴らしさ、他にはない特徴を表すことができたら成功です。

 

信頼醸成のために必要なコンテンツ

ヘルパーの事業者やデイサービスを探している利用者は、事業者を厳しく吟味しています。
信頼に値するかどうか、安全安心は守られているか。
大切な家族の世話を任せるのですから当然のことです。

検索ワードの組み合わせで特徴的なのは、たとえば「デイサーヒズ×スプリンクラー」や「ヘルパー×窃盗」などの組み合わせが出てくることです。
事業者選びで信頼性、信用が大きな位置を占めていることも現れですね。

信頼を獲得するには3つのポイントがあります。

  • バックボーンが確かなものであることを示すこと
  • 事業所の運営が確かにものであることを示すこと
  • 実際にケアを提供する人が確かであることを示すこと

です。

バックボーンは、たとえばクリニックや医院が経営している介護事業であるとか、地域で認知が高く信頼されている企業が経営しているなどの背景があれば、それを示すのが効果的です。
併せて、事故が起きた際の補償についてなども記したほうが信頼を獲得できます。

事業所の運営の確からしさは、その沿革に現れます。
中小中堅企業のホームページを見るときに必ず沿革を参照しますよね。
それと同じことです。

事業所が、どういうきっかけでサービスを開始し拡大してきたかの歴史は、利用者の満足の歴史でもありますから、読む人を説得する材料になります。

また、地域の提携ネットワークがある場合はネットワーク展開がわかるコンテンツも有効でしょう。
いくつかの事業所を展開しているだけで信用はアップします。

また、専業のヘルパーや介護士の人数や組織図を示すのも有効です。
あまり堅苦しくなくデザインとしても成立する「インフォグラフィック」の手法を使うなど工夫することで、見やすく美しいコンテンツに仕上げられます。

スタッフや人の確からしさを示すには、スタッフさんが登場するコンテンツが有効です。
満面の笑顔のスタッフに
「どうして介護職をしようと思ったのか」
「利用者さんに感謝され感動したこと」
「利用者さんに接する際の流儀」

などを質問するインタビュー形式の動画などは効果的です。
動画には作り物ではないその人固有の性格が出るものです。スタッフの顔が見えることで、利用者さんも安心します。

また、資格や経験も、多くの利用者が事業者を選択するときに参照する情報です。
介護福祉士などの資格を持つスタッフは何人いるか、経験の長いヘルパーはどれだけいるかなど特筆できる情報は掲載しましょう。

 

訪問介護の場合~サービスのメニューは、具体的にイメージしやすく

利用者さんが知りたいと思っていることには、サービスのメニューと内容が大きな位置を占めます。
そもそも、ヘルパーという仕事がどういうもので介護としてできることは何なのか、というような知識もしっかりと説明していく必要があります。

訪問介護でいえば、身体介助で可能な内容、生活援助で可能な内容などをわかりやすく説明したほうが親切です。
サービスの内容は利用者が勘違いしやすいところでもあります。
事前に説明しておくことで、契約後のミスマッチが起きなくなります。

また、定休日と営業時間、費用、キャンセルや訪問日変更の場合の連絡方法と料金についてなど契約に関わる重要事項の一部もしっかりとホームページに掲載しましょう。

各種のサービス内容については、写真があるとイメージしやすくなります。

 

デイサービスの場合~1日の流れが具体的にイメージできるように

デイサービスの事業者の場合、サービス内容の説明は、施設の特徴や考え方を示すことで差別化を図ることができる重要なコンテンツです。

インターネットの検索動向を見てみると、利用者が知りたがっているのは

  • 1日の流れ
  • レクリエーションの内容
  • 機能訓練の内容
  • 食事やおやつの内容

などです。

図表や写真、イラストを使って具体的にイメージしやすいようにまとめましょう。
検索関連ワードには、「デイサービス×食事×素材」「デイサービス×おやつ×手作り」などの組み合わせもあり、食事の品質にこだわっている利用者もいることを示しています。

また、先に挙げた「デイサービス×スプリンクラー」という検索の例にも現れているように、施設の安全対策も知りたがっています。

利用者家族や利用者が知りたいと思っている内容を正直にしっかりと示すことが大切です。

 

ブログやSNSの利用

ブログやSNSを利用することで介護・福祉事業者への理解は深まります。

利用者のプライバシーに抵触しない範囲で、日々更新してはいかがでしょうか。

訪問介護事業者の場合は、スタッフによるその日の訪問日記なども良いでしょう。
利用者様宅で飼っている犬や猫の様子や、庭の風景など、利用者からの許可を得て掲載するのです。

デイサービス事業者の場合は施設の折々の風景や、レクリエーションの様子、運動会などイベントの様子を、掲載するのはいかがでしょうか。
こちらも利用者の許可をとることが重要です。

また、介護サービスの具体的な内容や、制度、状況について、利用者が知りたがっているテーマについての説明記事を展開すると、検索エンジン上で上位に掲載されることもあります
介護の知恵袋のようなサイトになれば、ネットでも話題になります。

ブログの更新内容をホームページに反映することで、いきいきとした印象を持っていただくことができます。

関連記事>>SNSマーケティングで成功するために必ず決めておくこと10個

 

まとめ

現在、介護福祉分野の事業者様のホームページは未開拓の状態。
デザインや内容に新しいものを取り入れ、利用者が本当に知りたい内容を示すことで、他の事業者に差をつけることが可能です。

コンテンツは、正直な内容を掲載することを心がけて、具体的にイメージできるようにしましょう。
不安を抱える利用者が、安心でき、任せられると信頼するようなホームページづくりを目指しましょう。


こんなお悩みをお持ちではありませんか?

ホームページで集客したいけど予算が限られている・・
古くなったホームページをリニューアルしたい
自作したワードプレスはデザインがイマイチ・・
お客様が集まるホームページを格安で作りませんか?
CHACO-WEBは月々0円で品質の良いホームページを制作しています。
ホームページ作成からリニューアル、ホームページ運営のことまで、なんでもご相談ください。
by
格安ホームページ制作CHACO-WEB.COM,制作ブログ
SNSでフォローする