集客できるホームページの作り方からSEOまで運用のコツをご紹介

【低コストな運営費用で新事業を強力サポート!】千葉県印西市音楽教室ラルーチェ様ホームページ制作事例

千葉県印西市の音楽教室ラルーチェ様ホームページ制作事例をご紹介します。

・テンプレート(ひな型)デザイン制作
・スマートフォン / タブレット対応レスポンシブデザイン
・常時SSL対応
・WordPress導入
・オウンドメディア搭載

サイトはこちらからご覧ください。

 

音楽教室の開講までにホームページが必要となった

ラルーチェ様は、2022年4月に千葉県印西市に音楽教室をオープンされます。

地元の方に音楽の楽しさを伝えるべく開講を決意。

長引くコロナ禍の影響で「人と会話」する機会が減っていませんか?お腹から声を出したい、音と触れ合いたい方はぜひ見てみてくださいね。

・近所で今から宅配してくれる店はどこだろう?
・子供にピアノを習わせたい。近所にいい教室はあるだろうか?

「何かを知りたい・調べたい」
そう思ったときに、手元のスマホでサクッと情報を検索できる時代です。
そんなときに、自社ホームページがあるかないか、はネット集客の上でとても大きな存在でしょう。

ラルーチェ様は、これから始める音楽教室の事を、もっと多くの方に知っていただくためホームページ立ち上げに踏み切りました。

 

低コストな運営費用で、事業立ち上げを強力サポート

・毎月のホームページ運営固定費用を抑える
・簡単な修正や更新などは自分でできるようにする

ラルーチェ様は、これから始める教室経営のことを考え、上記2点のことを念頭に検討されていました。

新しいビジネスをスタートさせる時、いきなり最初から絶好調!というケースはあまりありません。
少しづつ着実に利益を出していくには、毎月の固定費用を最初は抑えておく必要があるといえます。

また、運営費用面だけではありません。
自分のビジネスのホームページ、きちんと愛着を持って育てていけるのはオーナー様ただ1人です。
大切なホームページの運営を制作会社に丸投げしてしまうのはちょっと寂しいですね。

・月々の管理費用が0円
・自分で更新できる管理画面WordPress

上記2点のCHACO-WEBからの提案内容が、ラルーチェ様のご要望に合致し、制作がスタートしました。

 

自分で更新できる管理画面でビジネスのスケジュールもサポート

・店舗がオープンしないと外観写真が撮影できない。
・ロゴ看板だけが、まだ制作中でホームページオープンに間に合わない。

「掲載する一部の写真だけがどうしても間に合わない。」
そのようなケースは、ホームページ制作の現場ではよくあります。

今回制作しましたホームページも、アクセスページに音楽教室近辺の写真を掲載予定でした。
制作期間がちょうど冬ということもあり、見栄えを考慮し、写真は春になってから撮影・掲載に決定。

「教室開講前にホームページを完成・公開する」

という当初のスケジュールを最優先し、写真は完成後管理画面から追加することになりました。

管理画面に変更可能な場所を用意しておき、時期が来てから写真の入れ込みをお客様でできるようにしております。

 

 

まとめ

ラルーチェ様のホームページ制作事例をご紹介しつつ、ビジネスを始める上でのホームページの重要性についてお話しました。

ネットで検索しても情報がみつからない会社は、信用されにくいのが今の時代です。

以前の記事でも解説しておりますので、これから事業を立ち上げる方は是非ご覧ください。


          この記事を書いた人        
タク制作部長
株式会社Cyber Cats 制作部長。2011年よりWebサイト制作業界に入り、日々デザインとにらめっこしています。 美しい文字組みに関心があり、どうしたら相手に伝わるデザインができるか切磋琢磨する日々です。 奇抜な料理とロック好き。
詳しいプロフィールはこちらから
SNSでフォローする