集客できるホームページの作り方からSEOまで運用のコツをご紹介

【ホームページ制作事例】東京都台東区歯科医院

今回は歯科医院ホームページをご紹介します。

・テンプレート利用デザイン
・スマートフォン / タブレット対応レスポンシブデザイン
・オウンドメディア制作
・WordPress
・常時SSL対応
サイトはこちらからご覧ください。

東京都台東区蔵前の歯科医院ひきば歯科医院様は今回新規でのホームページ立ち上げでした。
・やさしい治療を目指している歯科医院
・顧客にはスマホユーザーが多い

ということで、CHACO-WEBの「スマホデザイン重視テンプレートコース」で作成を提案しました。

スマホファーストにとことんこだわります

CHACO-WEBの「スマホデザイン重視テンプレートコース」で利用するテンプレートでは、スマホユーザーのニーズに合わせた機能が散りばめられています。

例えば
・ストレスなく操作できるサクサク感
・スマートフォン画面での見やすさにこだわったデザイン
などです。

さらに詳しくは以前、「顧客体験を向上させるスマホファーストデザインを展開しています」という記事を書きましたので、お時間あるときに是非ご一読ください。

テンプレート利用デザインで制作するときに注意したいのは、制作資料(ホームページに載せる文章や写真など)によっては、テンプレートの良い点を殺してしまうということです。

1つ例をあげます。

今回の制作でお客様が指定された写真素材は全てがとても横長の写真でした。
写真が横長であるのは、パソコンデザインには使いやすいのですが
スマホで見るととても見にくい、もしくは一部だけ切り取られて見えてしまうという事態になります。

「やさしい治療を目指している歯科医院」という印象をユーザーに与えないといけませんから、歯科医院のリアルな写真をそのままきちんと表示させないといけません。
(例えば歯の治療をしている写真だけど、肝心の治療部分の箇所が写っていなければ、余計な不信感を与えてしまいますね。)

そのため、写真は横長で全て表示されるよう配置し、その分空いてしまった余白には、
別のコンテンツを入れることで対応をしました。

 

スマホ対応だけでは集客力不足の時代です

技術的なスマホ対応をしたとしても、実際のユーザー(人間)にとって「見やすく、使いやすい」感覚を持たせることができないとスマホファーストとは言えない時代になりました。

実際にホームページを閲覧するユーザーをしっかり見据えた上で、快適にホームページを閲覧できる設計を追求していることがWEB集客の重要なテーマです。


こんなお悩みをお持ちではありませんか?

ホームページで集客したいけど予算が限られている・・
古くなったホームページをリニューアルしたい
自作したワードプレスはデザインがイマイチ・・
お客様が集まるホームページを格安で作りませんか?
CHACO-WEBは月々0円で品質の良いホームページを制作しています。
ホームページ作成からリニューアル、ホームページ運営のことまで、なんでもご相談ください。
SNSでフォローする