集客できるホームページの作り方、SEO、ウェブマーケティング運用のコツをご紹介

【自社ホームページは信頼の証】栃木県那須市 アーバンケネル様 ホームページ制作事例をご紹介

本日は、栃木県那須市にあります、アーバンケネル様のホームページ制作事例をご紹介します。

サイトはこちらからご覧ください。

 

ドメイン・サーバーの契約切れにより、失ってしまった自社ホームページ

アーバンケネル様は、2014年からホームページを運営していました。
しかし、ドメイン・サーバーの契約切れにより2022年に急遽ホームページが閉鎖。そのため、新しいホームページの立ち上げをしないといけなくなりました。

また、アーバンケネル様はGoogleマップへのアクセス数がとても多かったのです。

Googleマップは検索結果にも表示されます。「ウェブサイト」ボタンから自社サイトへリンクがされているかどうかはとても重要なポイントですね。

Googleマップに掲載する自社サイトがないことで信用度が上がらなかったため、新しいホームページ立ち上げが急務となっていました。

 

Instagramの活用ができるプランで制作開始

今回ご依頼いただいたプランは下記の通りです。

・雛形デザイン利用
・WordPress(ワードプレス)導入
・ブログ機能搭載
・スマートフォン / タブレット対応レスポンシブデザイン
・常時SSL対応
・Instagram連動機能

毎月の出費が無く、とてもリーズナブル
チャコウェブホームページはとても素敵で、見ていて楽しめるものだった

アーバンケネル様がCHACO-WEBへお問い合わせいただいた際の感想です。

毎月の管理費用を抑えつつも、新しい仔犬情報などをブログ型で更新できるホームページをご要望されていました。

また、Instagramにも力を入れていたため、Instagram連動ができるプランをご提案。CHACO-WEBでの制作が開始いたしました。

 

お客様の声とCHACO-WEBからのメッセージ

 

ホームページが全て消えてしまったことで、インターネット上でお客様との接点はInstagramとGoogleマップのみとなってしまいました。

そして、アーバンケネル様はこのように仰っていました。

Instagramはよく見られているのに、そこから先のホームページがなくて信用されないんですよ。

ブリーダーのホームページっていうのは、親犬の血統書の提示がとても大事なんです。そのことを自社ホームページにしっかり記載しないと信用されないし、必ず正しい血統書を掲載しないとダメなんです。

アーバンケネル様は2014年からホームページとブログを運営されていましたので、自社ホームページの有無がネット集客を左右することを誰よりもご存じであったのですね。

 

まとめ

栃木県那須市にあります、アーバンケネル様ホームページ制作事例をご紹介しました。

・自社ホームページ
・ブログ
・TwitterやFacebookなどのInstagramアカウント
・LINEアカウント
・Googleマップ

インターネット上でお客様との接点は複数持っている方が良いと考えています。お客様は自分の使いやすいもので検索をしているためですね。

その接点の中でもインフォメーション・総合窓口の役割を果たすのが「自社ホームページ」。

SNSでのウェブ集客に限界を感じ、自社ホームページを作成した事例としてこちらも是非ご覧ください。

 


          この記事を書いた人        
タク制作部長
株式会社Cyber Cats 制作部長。2011年よりWebサイト制作業界に入り、日々デザインとにらめっこしています。 美しい文字組みに関心があり、どうしたら相手に伝わるデザインができるか切磋琢磨する日々です。 奇抜な料理とロック好き。
詳しいプロフィールはこちらから
SNSでフォローする