【新型コロナウイルスに関する対応について】現在100%テレワーク移行済みで通常営業中です。テレワークに移行したい会社様からのご相談も受け付け中です。お気軽にご相談ください。詳細はこちらから。
集客できるホームページの作り方からSEOまで運用のコツをご紹介

初心者でもできる簡単なローカルSEOの方法を解説!

ローカルSEO対策を簡単に実践する方法

スマートフォンの普及により、より身近な存在になったインターネット。今や、いつでもどこでも好きな時に情報収集をすることが可能になりました。
 
そのため、検索方法も変化を見せており、現在地を反映させた検索や、「地域名+業種」で検索をする「ローカル検索」という方法によって情報収集をすることが増えています。
関連記事:地域密着型なら絶対気にするべきローカルSEOとは?
 
このローカル検索において、検索結果を上位に表示するために大切なのが「ローカルSEO」という手法です。
検索エンジン最大手のGoogleもローカル検索関連のアルゴリズム(=表示結果の計算方法)を度々更新しており、『ローカルSEOの重要性はますます高まっていく』ともいわれています。

最近は「地域名+業種」の他に「近所の+業種」「営業中の+業種」といった検索方法で探す人も増えています。

自分の今いる場所や状況に応じた情報を探すことが普通の時代になっている、ということですね。
 
ただ、ローカルSEOが重要であることはわかっても、実際どんな業種において重要なのか、また具体的にどのような対策を講じるべきか、よくわかりませんよね。
 
そこで、今回は『ローカルSEOをするべき業種』『簡単なローカルSEOの方法』について紹介したいと思います。
 

 

ローカルSEOをするべき業種とは“実際に店舗を構えている業種”

ローカルSEOをするべき業種とは、
 
“実際に店舗を構えて、お客様に店に来てもらう業種”です。
 
ローカル検索をする場合、ユーザーは強い目的を持って検索をするケースが多くなります。
 

  • 近くにあるレストランで食事がしたい。
  • 仕事帰りに通いたいので、○〇駅に近い英会話学校を探したい。
  • 土地勘がないので、家の近くの病院がわからない。
  • 旅行先にあるホテルを探したい。

など
 
このような強い目的を持って検索し、目的が果たせそうな店舗の情報を見つけた場合、ユーザーはその店舗を訪れる可能性が高くなります。
 
店舗を構えて営業している業種にとって、ローカル検索によって検索上位に表示差されるようになると、自分のお店のアピールできるうえに、地域の他の競合に差をつけることができます。つまり、ローカルSEO対策は必須といって過言ではないでしょう。

では、具体的に業種を挙げて解説していきます。
 

 

飲食店(レストラン、カフェ、ラーメン店など)

これまで、ぐるなびなどのポータルサイトを使って目的の飲食店を探すことが多かった飲食店。
しかし、最近ではローカル検索を使って探す人も増えているのが現状です。
 
さらに、ポータルサイトへの掲載料は支払っていても、ローカルSEO対策を講じている飲食店は、まだまだ少ないのが現状です。
早めに対策を打つことで、集客効果を得やすいでしょう。
 

 

医療機関(病院、医院、訪問看護、歯科、動物病院など)

病院などの医療機関でも、施設を構えて開業しているのでローカルSEO対策は有効です。
 
すでにかかりつけの医院がある場合は別として、引越しきてすぐで家の周辺ことを知らない、初めての症状で医院を探さなければならない場合などは、ローカル検索を使うことが多くなります。
 
ローカルSEO対策を練っていれば、新規客や医院を変えたいと思っている人たちを取り込めるかもしれません。
 

 

各種施術店(整体、整骨院、鍼灸治療院、マッサージ店など)

各種施術系の店舗についても、施術院をローカル検索にて探しやすい業種です。
ローカルSEO対策は必須といえるでしょう。

家の近くや勤務先の近くなど、その場で検索したときに結果に表示されるような対策をしておけば患者さんの目にとまるようになります。
 

 

美容サロン(美容室、エステサロン、ネイルサロンなど)

美容系の業種も店舗を構えて行う場合がほとんどですので、ローカルSEO対策は有効です。
 
美容系業種は、飲食店同様にホットペッパービューティーなどのポータルサイトへの掲載登録が、WEB上の主な集客方法です。
しかし、ローカル検索によってサロンを探すことも増えていますので、ローカルSEO対策を講じることで、さらなる集客が見込めるかもしれません。

ローカルSEOは費用をかけずに対策できることもある点も魅力的です。
 

 

地域密着型(士業、不動産、内装・外装工事、便利屋など)

地域密着型の業種で、店舗や事務所を構えている場合もローカルSEO対策を講じるべきといえます。
 
弁護士、税理士、会計士をはじめとした士業、不動産会社や内外装の工事関係、便利屋や廃品回収などは、普段あまりお世話になることがない業種といえます。
いざ必要となった時に、検索結果に露出するかしないかで顧客獲得のチャンスが大きく左右されることは間違いありません。
 

 

教育機関(大学、専門学校、学習塾、託児所、語学教室、生涯学習など)

教育機関に対しても、ローカルSEO対策はとても有効であると言えます。
 
地方から出てきているため土地勘がない、会社の帰りに通える学校を探したいなど、教育機関を探す場合に、ローカル検索を行なう確率が高いからです。
 

 

ショッピング関係(洋服店、生活雑貨店など)

ショッピング関係の業種についても、ローカルSEO対策を講じるべきといえます。
洋服店や生活雑貨、本屋、スーパーなど、店舗を構えている場合は必ず対策を講じましょう。
 

 

初心者でもできるローカルSEO

実際に店舗を構えている業種はローカルSEO対策が必要であることがわかりました。
しかし、具体的にどのような対策を講じることが効果的なのでしょうか。
 
それでは、初心者でも行なうことができる『簡単なローカルSEOの方法』について、解説していきましょう。
 

 

地域名や住所、電話番号を統一して記載する

ホームページ内に、地域名や住所、電話番号を必ず記載するようにしましょう。その時に重要なことは
 
“表記を統一すること”です。
 
会社名はともかく、地域名、住所(所在地)、電話番号を統一して記載しないと、検索エンジンが「別の情報である」と判断し表示順位が不利に働いてしまう可能性があるからです。
 
これらの情報を統一して記載することが基本中の基本となります。
 

 

事業内容を明確にしておく

次に、事業内容をはっきりさせておく必要があります。
 
ローカル検索の場合は、「地域名+業種」というキーワードを使います。そのため、ホームページに記載している事業内容が曖昧だと、検索エンジンにヒットしなくなる可能性があるからです。
 
これも重要なポイントとなりますので、押さえておくようにしましょう。
 

 

タイトル、ディスクリプション、見出し、サイト内にキーワードを明記する

ホームページのタイトルやディスクリプション(=説明文)、見出し、サイト内のコンテンツに地域や業種を特定できるキーワードを配置するようにしましょう。

これらは、検索エンジンがどんなページなのかを認識する助けになります。
 
しかし、文脈を無視したり、意味もなくキ―ワードを入れることは、検索表示に不利に働くことが多いといわれています。あくまでも自然に、わかりやすくするためにキーワードを挿入することが大切です。
 

 

Googleマイビジネスに登録すること

検索エンジン最大手のGoogleが展開している『Googleマイビジネス』というサービスに登録することが、ローカルSEO対策には大変効果的です。
 
Googleマイビジネスとは、Google検索やGoogleマップ上に、店舗や会社の情報を表示させることできるサービスです。
 
検索行動を起こす多くの人がGoogleを使用しているため、このサービスに登録することで、店舗情報やホームページを見てもらえる確率は上がります。
 
ローカルSEO対策には欠かせない方法のひとつと言えます。
関連記事:店舗集客のためには必須! 集客に役立つ無料ツールGoogleマイビジネスを活用しよう!
 

 

クチコミやレビューを書いてもらうこと

Googleマイビジネスには、食べログやホットペッパービューティーなどのポータルサイトと同様に、口コミやレビューを投稿できます。
 
このような口コミや評価も検索順位の評価対象となり、いい評判が多いほど順位は上がる可能性が高くなるため、ローカルSEOの強化につながると言えます。
クチコミレビューに返事を書くこともできますから、店舗の姿勢を見ることもできます。
積極的に利用していきたいですよね。

※現在は店舗にパソコンやタブレットを設置しておき、その場で口コミを入れてもらう行為はGoogleによって禁止されています。
お客様が持っているデバイスで書いてもらうようにお願いしましょう。
 

 

スマートフォン対策を行なうこと(レスポンシブデザイン)

ユーザーがローカル検索をするようになったきっかけは、『スマートフォンの普及』によるところが大きいと考えられています。
 
場所を問わずに情報収集のために検索をする習慣が根付いた以上、ホームページをスマートフォンで閲覧しやすくすることは必須と言えます。
 
ホームページのデザインに、レスポンシブデザインを採用しパソコンでもスマートフォンでも閲覧しやすくすることで、ユーザーが訪れやすいホームページにすることを心がけましょう。
 

 

まとめ

今回は『ローカルSEOをするべき業種』と『簡単なローカルSEOの方法』について紹介してきました。
無料で実践できる内容も多いので、すぐに取り組むことができると思います。
 
店舗を構えて営業している業種では、ローカルSEO対策は特に重要です。
しかも、ローカルSEOを真剣に対策している店舗はまだまだ多くありません。

ローカルSEOが地域の競合に差をつけ、集客を増やすためには大変有効な手段であること、簡単に対策を講じることもできるということを意識して、あなたのビジネスに活かしていきましょう。
関連記事:ホームページのアクセス数を上げる方法10選【初心者向け】


読めば集客力アップ CHACO-WEB
SNSでフォローする