【新型コロナウイルスに関する対応について】現在100%テレワーク移行済みで通常営業中です。テレワークに移行したい会社様からのご相談も受け付け中です。お気軽にご相談ください。詳細はこちらから。
集客できるホームページの作り方からSEOまで運用のコツをご紹介

ブログ記事の文字数が多いとSEOに強いのは本当か

ブログ記事の文字数は何文字がSEOに最適か

ホームページでブログを書いて集客を目指す場合、考えてしまいがちなのが「ブログの記事は何文字程度書けばいいのか」ということです。

調べてみると「文字数が多くなければ検索順位の上位には上がってこれない」だとか「最低でも3,000文字、確実に上位を狙うなら5,000文字は必要」といった言葉を見かけて戸惑ってしまいますよね。

そこで今回は、適切な文字数についてGoogle社員の正式なコメントをご紹介しながら解説していきます。
記事を読めば、どのくらいのボリュームで記事を書くべきなのか理解できるようになります。文字数恐怖症になってしまっているならぜひお読みください!

 

Googleは文字数とSEOの関連性を否定

結論から言うと、コンテンツの文字数とSEOについての関連性はありません。

Googleのスポークスマンであるジョン・ミュラー氏は、オンラインQ&Aイベントにおいて、あるウェブマスターから質問を受けた時にこう答えています。

“Googleには、例えば
「100語以下じゃダメ、200から500語ならOK、500語以上で画像も多ければ最高」
みたいな、そんなアルゴリズムはない
Googleはそのようには見ていないんだ。
Googleはページ全体を見て、それが本当に他より優れていてユーザーの検索意図にかなったものかを評価している。そんなページでさえあれば、文章の長短、画像の量などは好きにしていい。“
 
※ 引用元:https://www.youtube.com/watch?v=MYkPRo8T44M#t=2077

彼が言ったことを簡単にまとめると、「Googleは文字数を見ていない」ということになります。

 

文字数が多いコンテンツは上位表示されやすい

質の高い記事が検索上位になる仕組み
ただ一方で、検索エンジンで上位に表示されるサイトは、文字数が多いコンテンツが多いというのも事実です。
あるブロガ-がキーワードを検索し、それぞれのサイトの文字数を計測する実験を行った結果、

  • 文字数が多かれば多いほど検索結果の順位は上がる
  • 検索上位3位のサイトの平均文字数は8,500文字

※ 引用元:【SEOと文字数の関係】をリアルに1つ1つ検索して調査した結果、衝撃の事実が…!?
 
ということがわかりました。実際に300ものサイトを訪問し、文字数をすべて計測したそうです。
 
Googleは文字数は関係ないといっているけど、調べてみると文字数が多いページの方が上位表示される。一体どちらが正しいのでしょうか。

 

単純に文字数が多ければいいということではない

ひとつはっきりといえることは「どちらも正しい」ということです。そしてもう一つ大切なこと、それは
 
“単純に文字数が多ければいいということでは決してない”
 
ということです。
 
先ほど紹介したジョン・ミュラーは続けてこうも言っています。

“本当に大事なのは、ユーザーへのA/Bテストなどで、コンテンツ品質を何重にもチェックすることだ。
Google消費者アンケート(Googleの有料調査ツール)を使うのも手だ。これならコンテンツへの反応を素早く調べられるだろう。
とにかく、考えるべきポイントは、ユーザー対策だ。Google対策ではない。
※ 引用元:https://www.youtube.com/watch?v=MYkPRo8T44M#t=2077

 
つまり、検索エンジンが評価するのは「コンテンツの質」であり、ユーザーの疑問や悩みを解決してくれるような有益なコンテンツを提供できているかが重要だ、ということです。

 

文字数にこだわらずお客様の悩みを解決できる記事をしっかり書く

あるキーワードを検索し上位からそのコンテンツを見ていくと、ページの文字数が豊富なものが多いでしょう。しかし、それは単純に文字数を多くしているからではなく、

“ユーザーにとって有益で質の高く情報が豊富なコンテンツは文字数が多くなりやすい“

ということなのです。また、例外的にキーワードによっては、非常に少ない文字数のコンテンツが上位に表示されることもあります。
(例:「速さ 単位 表」や「東京 天気」など簡潔な情報が求められる場合)
 
また、『Googleはウェブサイトのページの滞在時間をSEOの指標にしている』ともいわれていますが、これについてもGoogleは否定しています。これも内容がよい記事はじっくり読みこんでしまう、よって滞在時間が長くなる、ということなのだと思います。
 
「5000文字という文字数だけを目指して書いたブログ記事」も、「ユーザーのことを考えて内容にこだわって書いて、結果5000文字になったブログ記事」も同じ5000文字です。
しかし、文字数の多さだけを目指しても内容の薄いペラペラのブログ記事を書いても誰も読んでくれないでしょう。また、二度とそのブログには戻ってきてくれない可能性が高いといわざるを得ません。
 
ブログ記事を作成するうえで一番大切なことは、ユーザーにとって必要な情報を含んだ質の良いコンテンツを作ること。この基本を忘れてはいけません。

 

お客様に読んでもらえる書き方を体得しよう

一番重要なのは、読んでもらえる記事を作ることです。
お客様が読みたい記事を書けなければ、検索エンジンに良い評価もしてもらえません。

  • お客様が知りたい!解決したい!ニーズを知る
  • キーワードに沿った内容で書く
  • 根拠を示す
  • 難しい表現や専門用語を使わずわかりやすさを心がける

書き方の基本や構成については過去にもいくつかご紹介しています。
まずは読んでもらえるブログの書き方を体得するのが一番の近道ですから、ぜひ一緒にご覧ください。
【関連記事】
スタッフブログの書き方をマスターするための5つの基本
集客できるホームページの文章はここが違う!!書き方4つのチェックポイント
確実に本文を読んでもらえるスタッフブログのリード文の書き方
アクセス数を増やすスタッフブログ記事のタイトルの付け方

 

まとめ

ブログ記事の文字数とSEOの関係について見てきました。

実際、私たちのブログ記事でも文字数が多い記事ばかりが上位に来ているわけではなく、制作実績をご紹介する短い記事でも上位表示されています。

上質なブログ記事は文字数が多くなりがちですが、文字数の多さで検索順位が決まっているということでは決してありません。
ですから、文字数だけに注目して記事を作成することは決して得策ではありません。あくまでも重要なのはコンテンツの質であることを肝に銘じましょう。


読めば集客力アップ CHACO-WEB
SNSでフォローする