集客できるホームページの作り方、SEO、ウェブマーケティング運用のコツをご紹介

ホームページは持っているけれど、放置気味な方へ。事業の片隅に追いやられたホームページを再生する基礎チェック

「ずっと前に作った会社のホームページ、今どうなっているんだっけ?」
「知り合いに作ってもらって10年以上経っている。申し訳ないから更新依頼できない」

このように、事業の片隅に追いやられた状態のホームページをお持ちなら、今すぐ再生できます。
きちんと対処すれば、インターネットの顔としてホームページは活躍してくれます。

公式ホームページとして権威ある存在となってくれますし、問い合わせ窓口を増やすことができます。 24時間、365日仕事をしてくれる頼もしい存在です。

この記事では、長くホームページを放置している時に起こりがちなことを紹介しています。
当てはまるものが1つでもあれば、すぐに対処すべき事態になっています。

「別にホームページがなくても事業に支障はない」
と、ずっとホームページを放置している方にもぜひ読んでいただきたい内容です。

 

1.「ホームページがなくても事業は安定しているから必要ない」への疑問

長く事業を続けている中小企業の方の中には、ホームページは要らないと思う方もいるかもしれません。
「これまでホームページに頼らなくても存続してきたのだから」ということのようです。

このように考えてみてはどうでしょうか?

「ホームページをきちんと整えていれば、これまでとは別に新しい問い合わせが来ていたのかもしれない」
「ネット上に公式ホームページとして十分に情報を出していれば、さらに安定して事業を運営できているかもしれない」

「ホームページを活用すれば、プラスに作用する可能性が増える」といえるかもしれないですよね。
今の時代、ホームページの活用はマイナスの要素にはなり得ません。

 

1-1.「なんとなく苦手意識がある状態」を乗り越える

ネットの活用の場は、これからも増えていくと予想されます。
2020年に大きく世界が変わってから、特にオンラインへの移行が進み、「ついていけない」「うちには無理」と思われた方もいるかもしれません。

しかし、ずっとこのままで良いのでしょうか?
ホームページは既に「インターネット上における会社の顔」と考えられています
事務所と同じです。
事務所を放置していては、事業に支障が出てくるでしょう。

これからの長期的な目線で考えると、ネットを活用しないことはマイナスになっていくと考えられます。

  • ネットに進出することを前向きなことと考える
  • ある程度の予算を組み、投資ととらえる
  • 「信用が置ける、ネットの事がわかる人」に助けを求め、必要なことを実践していく

プラス思考で動き出してみましょう。

 

2.独自ドメインになっていない

「chaco-web.com」のような、インターネット上の住所といえるものが独自ドメインです。
あなたのホームページは、固有のアドレスを所有していますか?

独自ドメインとは

ドメインとサーバーの説明

もし独自ドメインでないなら、ぜひ独自ドメインに切り替えましょう。
インターネット上の住所というだけあり、企業にとっては信頼の要素となるからです。

今の時代、ネット版の事業所と考えても良いかもしれません。
そのような重要なホームページが独自ドメインになっていないのは、「この会社はきちんとしていないのでは?」という印象になってしまいます。
アドレスを覚えにくいのも

 

2-1.サーバーで独自ドメインを使えるかチェックしてみよう

独自ドメインを使えるかどうかサーバーをチェックしてみましょう。
利用しているサーバーで独自ドメインを紐づけられるなら、ホームページをリニューアルしなくても問題ありません。

そのまま独自ドメインを取得し、紐づけすれば完了です。

例えば……
契約しているインターネットのプロバイダーが提供している無料サーバーを利用している場合、独自ドメインは利用できないと考えられます。

この機会に、しっかりしたサーバーに移し、独自ドメインを設定してホームページの信頼度を高めましょう。

 

3.スマホ対応されていない

ホームページのスマートフォン最適化をしていない場合は、リニューアルが必要です。

2014年にGoogleがホームページのスマホ対応を呼びかけてから8年が経過しました。
今の人々は「スマホでネットを見る」ため、ホームページのスマホ対応は必須です。

年々、高齢者層もネット利用率、スマホ利用率が上がっています。ほぼすべての世代がスマホを使っているということです。
このような時代に、あなたのホームページがスマホ対応になっていないことは、閲覧しに来る人をもてなしていないといえるでしょう。

2022年現在、スマホ最適化のホームページは、パソコン用ホームページとスマホ用ホームページを個別につくるのではなく、1つのホームページで対応するのが主流です。「レスポンシブWebデザイン」といいます。

「ただホームページがあれば良い」のではなく、気持ちよく利用してもらうために「快適なホームページの環境を提供する」という意識に切り替えていただけるとうれしく思います。

 

4.ホームページ作成から10年くらい経っている

上記と同じく、ホームページはリニューアルすべき状態にあります。

  • スマホ対応になっていない
  • デザインが古すぎる
  • 載っている情報が古いままになっている

おそらくこのような状態になっており、会社の信用を確保できるようなホームページではなくなってしまったからです。
今はネットから情報収集をするのが一般的になっています。
会社について調べる時、事業の情報を知りたい時、多くの人が会社の公式ホームページを参考にします。

まず、デザインが古すぎるホームページの印象は悪くなります。
放置していることが見えてしまうからです。

ホームページは鮮度が大事。
後回しにせず、古いホームページは刷新していきましょう。

お役立ち資料 ホームページ作成からマーケティングのことまでよく分かる
Image of sample work
これだけあれば安心な、ホームページ制作時のチェックリストです。慣れないホームページ制作をスムーズに進めるためにお使いください。

 

5.ホームページへのアクセスがほとんどない

アクセスがほとんどない理由はいくつか考えられます。

  • 検索結果に載らないように設定している(制作時にミスが発生している)
  • 訪問する人にとって欲しい情報がほとんどないため、魅力のないホームページになっている
  • Googleなど検索エンジンが「適切ではない」と判断し、検索結果に表示していない
  • ページの読み込みスピードがとても遅く、離脱されている
  • 適切な検索エンジン対策(SEO)がされておらず、検索結果に出てこない

このように「何が原因でアクセスがないのか?」を見つけ出し、対応していきます。
ホームページは見られるために存在するもの。
見られないホームページは意味がありません。

心苦しいことですが、自分では良い出来だと思っても、見る人にとっては良いと思えないこともあります。
客観的に判断して「見る人が良いと思えるホームページ」を目指しましょう。

 

6.アドレスがHTTPから始まっている(SSL非対応)

ホームページアドレスが出ているところに鍵マークがついているでしょうか?
また、ホームページアドレスが「https://」から始まっているでしょうか?

アドレスに鍵マークがついている

  • 鍵マークがついていない
  • 「http://」からはじまっている

この場合、SSLという暗号化がされておらず、ホームページセキュリティが低い状態です。

安全対策のためにも、今すぐSSL対応をしましょう。
既に、SSL未対応のままだと見る人の環境によってはホームページへのアクセスが拒否されます。
危険なサイトというイメージが付くと、訪問してくれなくなりますし、会社への信用も下げてしまいます。

ややこしいのですが、「http://」から「https://」にする時に、きちんと設定をしなければ「http://」もネット上に残ってしまいます。
ホームページが2つ存在することになり、検索エンジン的にも見る人への安全面にも良くありません。
一度プロの人に見てもらうか設定をお願いすると安全です。

 

7.ホームページ情報を管理する人がいなくなり、何年も放置している

良くあるのが、「社内でパソコンに詳しい人に管理をすべて任せていたが、辞めてしまってから何年も放置したまま」ということです。

  • ドメイン・サーバーを管理するメールアドレスが担当者個人のもの
  • ドメイン・サーバーの引継ぎをしないままいなくなってしまった
  • 更新画面を操作できる人がいなくなり、お知らせ欄が何年も前のまま

今は会社の情報を見るためにホームページを見に来る人が多い時代です。
ずっと放置状態では、印象は悪くなっていきます。

まずは

  • 管理情報を個人管理から会社で管理する仕組みに変える
  • 更新が必要な時の対処を決める(自社で更新、制作会社に更新依頼)

オンラインとオフラインの区別がなくなってきている昨今、オンラインの情報管理も仕組み化してしまいましょう。

 

8.まとめ

今すぐ対処すべきホームページの症状についてご紹介しました。
ご紹介した内容に当てはまるなら、すぐ対処をおすすめします。

今は信頼できる会社かどうかの判断基準としてホームページが使われます。
記事でご紹介したことは、どれも信頼を下げてしまう要素となるため、対処が必要になるということです。

今の時点ではホームページが事業にプラスに働いていなくても、きちんと整えれば活躍してくれることでしょう。
この記事が少しでもお役に立てば幸いです。


          この記事を書いた人        
ヤマ編集長
株式会社Cyber Cats ブログ編集長。2007年よりWebサイト制作業界に入り、制作から広告、オウンドメディアを 通じたマーケティングを手掛けてきました。 ブログの可能性に目覚め、「いかにわかりやすく伝えるか」切磋琢磨する日々です。観葉植物とファンタジー小説好き。
詳しいプロフィールはこちらから
ヤマ編集長のツイッターはこちら
SNSでフォローする