【新型コロナウイルスに関する対応について】現在100%テレワーク移行済みで通常営業中です。テレワークに移行したい会社様からのご相談も受け付け中です。お気軽にご相談ください。詳細はこちらから。
集客できるホームページの作り方からSEOまで運用のコツをご紹介

【テンプレート制作でも臨機応変な提案・アドバイスをしています】千葉県流山市会社案内ホームページ制作事例

今回は千葉県流山市にある会社案内ホームページをご紹介します。

・テンプレート利用デザイン
・スマートフォン / タブレット対応レスポンシブデザイン
・常時SSL対応
・らくらく更新ボタン搭載

サイトはこちらからご覧ください。

今回の制作事例は、テンプレートを利用したホームページとなります。 会社案内ホームページなどのような「名刺代わり」としてのホームページの場合、 テンプレートをうまく利用してデザイン制作のコストをカットすることが出来るのが、テンプレート型制作のメリットと言えるでしょう。

ただし、テンプレートを利用するからといってデザイン的な思考が0(ゼロ)になるとは限りません。

今回の制作事例を元にご紹介いたします。

テーマカラーの調整

今回のお客様から、テーマカラーを「プラチナのようなイメージにしてほしい」という要望がありました。

理由としては、ロゴでプラチナのような光沢を採用しているので統一感を出したいためなのですが、一般的にWEBサイトでプラチナぽい配色を完全に表現するのはとても難しいです。

そのため、光沢や影を多用してしまうと、時代遅れのデザインで会社のイメージを下げてしまう可能性があります。

光沢や影を多用した例

そこで一工夫して2色のカラーを用いて、プラチナのようなグラデーションを感じるテーマカラーを作成しました。

ロゴカラーとのバランスを意識しながらお客様も納得の出来るテーマカラー

 

画像合成の調整

パソコンでみるトップページの一番上部の大きな画像の上に、画像に溶け込むようにロゴを配置してほしいというご要望もありました。

しかし、背景の画像とロゴのカラーが近い色感であるため、単純に合成させるだけでは逆に見にくくなってしまいます。

背景に白枠を配置しましたが、全体的な統一感が出るよう、白枠は透過させています。

画像合成の調整

 

まとめ

今回のケースのように、デザイン上の工夫を凝らすことによって、多種多様なお客様の要望を実現させ、ホームページの高級感を出すことができます。

その他にも
・ある部分だけ文字情報が極端に多すぎてバランスが悪い。スマホでの見え方が悪い。
・画像が全て縦長でホームページには不向きだ。
・テーマカラーとホームページの中身がちぐはぐしている。
など、色々な事例が発生します。

その時には制作者の経験から出てくる臨機応変な提案・アドバイスに一度耳を傾けていただけると嬉しいです。私たちと一緒に素晴らしいホームページを作りましょう。


読めば集客力アップ CHACO-WEB
SNSでフォローする