集客できるホームページの作り方、SEO、ウェブマーケティング運用のコツをご紹介

【迷惑メール、放置していませんか?】迷惑メール防止対策制作事例 兵庫県神戸市 CITYCLEAN様

ホームページのセキュリティ対策は万全でしょうか?

「ここ最近、怪しい迷惑メールが増えた。何か対策はないか?」 そのようなお問い合わせを数多くいただくようになりました。

そこで今回は、Googleが無料で提供している迷惑メール・スパムメール対策のreCAPCHA(リキャプチャ)を導入した事例をご紹介します。

サイトはこちらからご覧ください。

 

迷惑メールへの対策が急務であった

兵庫県神戸市のCITYCLEAN様ホームページには、お問い合わせフォームが導入されていました。
このお問い合わせフォームから、通常のお問い合わせとは異なる英語表記の怪しいメールが急に増え始めたのが昨年の11月。
通常のお問い合わせよりも迷惑メールの数の方が多いため、対応しなければならないメールが埋もれてしまう状態となっていました。

そこでCITYCLEAN様より、何通か怪しいメールを転送していただきCHACO-WEBでチェック。

ロボットが送っているであろうスパムメールの確認が取れました。

英語表記の、内容のない怪しい迷惑メール一例

Googleが提供するreCAPTCHA(リキャプチャ)の提案

CITYCLEAN様のホームページは以前CHACO-WEBで制作いたしました。
今回、ホームページに宣伝動画の埋め込みをする改修のご相談があり、その際に迷惑メール対策についてもあわせてご相談いただきました。

「迷惑メールをこのまま放置したくない、何か対策したい。でも毎月の固定費用はかけたくない。」

CITYCLEAN様のご要望に対して、Googleが提供するreCAPTCHA(リキャプチャ)をご提案しました。
Googleが無料で提供しているものであり、一度導入をすることで後はGoogleのシステムが自動で対策をしてくれます。

お客さまのご要望に合致し、動画の埋め込みとあわせて迷惑メール対策をすることが決定しました。

 

迷惑メール処理で時間を無駄にしていませんか?

reCAPTCHA(リキャプチャ)対策後、英語表記の迷惑メールの嵐は止まったようです。

「大量の迷惑メールを放置しておいて、通常のお問い合わせが埋もれてしまった。」

そのような状態では業務に支障が発生してしまいますね。
メールの見逃し・対応漏れは事業者にとって致命傷となりかねません。

リキャプチャ対策をすることで、結果迷惑メールが減り、その分の時間を顧客対応などに回すことができます。

ホームページは完成がゴールではありません。顧客満足度の上がるホームページに育てていきましょう。

 


          この記事を書いた人        
タク制作部長
株式会社Cyber Cats 制作部長。2011年よりWebサイト制作業界に入り、日々デザインとにらめっこしています。 美しい文字組みに関心があり、どうしたら相手に伝わるデザインができるか切磋琢磨する日々です。 奇抜な料理とロック好き。
詳しいプロフィールはこちらから
SNSでフォローする