集客できるホームページの作り方からSEOまで運用のコツをご紹介

山の日、お盆期間中の営業とGoogle が掲げる 10 の事実からSEOの方針を考える

CHACO-WEBからのお知らせ

いつもCHACO-WEBをご利用いただき、ありがとうございます。
8月9日祝日とお盆の13日は通常営業いたします。

8月9日(月)通常営業
8月10日(火)通常営業
8月11日(水)通常営業
8月12日(木)通常営業
8月13日(金)通常営業
8月14日(土)休業
8月15日(日)休業

8月16日(月)通常営業

お電話受付:03-6808-1575 月~金(9:00-17:00)

混雑により電話が繋がりにくい場合はフォームよりご連絡ください。
問い合わせフォームから連絡する
担当者より順次ご連絡させていただきます。

※お取引き中のお客様へ

担当者スケジュールの都合により、通常営業該当日にお休みをいただくことがございます。
詳細なスケジュールにつきましては制作担当までお問合せくださいませ。

 

Google が掲げる 10 の事実からSEOの方針を考える

Googleが掲げる「 10 の事実」をご存知でしょうか?
Googleの哲学とも言えるもので、Googleが提供するサービスの方針の根底には必ずこの「 10 の事実」があります。
もちろん、検索エンジンでも同じ方針が適用されます。以下「 10 の事実」を紹介します。

Google が掲げる 10 の事実
1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
2. 1 つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
3. 遅いより速いほうがいい。
4. ウェブ上の民主主義は機能する。
5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。
7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。
8. 情報のニーズはすべての国境を越える。
9. スーツがなくても真剣に仕事はできる。
10. 「すばらしい」では足りない。

Google が掲げる 10 の事実

今SEOで大切とされることは「ユーザーにフォーカスし、ユーザーのためのコンテンツにしよう」です。
上記の「 10 の事実」を見ると、なぜユーザーにフォーカスすることが大切なのかわかってきます。検索エンジンはユーザーのためにあるということが大前提なのですね。

例えば「3. 遅いより速いほうがいい。」は具体的に速度に着目しています。瞬時に情報を提供することも使命としているのが見えます。

ホームページの表示速度を上げることや、メニュー部分を見やすくすること、わかりやすいタイトルを付けることがSEOになるというのは「そもそもユーザーのため」だからです。
ユーザーのためにコンテンツを改良する取り組みがSEOとしても機能する、とお考えいただければと思います。

「10. 「すばらしい」では足りない。」はユーザー体験を追求する姿勢が見えます。
この「10 の事実」からは、Googleの高い使命意識を感じます。SEOについてだけではなく、見習うべき点がいくつもあり、今後も読み返したいと思いました。


          この記事を書いた人        
ヤマ編集長
株式会社Cyber Cats ブログ編集長。2007年よりWebサイト制作業界に入り、制作から広告、オウンドメディアを 通じたマーケティングを手掛けてきました。 ブログの可能性に目覚め、「いかにわかりやすく伝えるか」切磋琢磨する日々です。観葉植物とファンタジー小説好き。
詳しいプロフィールはこちらから
ヤマ編集長のツイッターはこちら
SNSでフォローする