集客できるホームページの作り方、SEO、ウェブマーケティング運用のコツをご紹介

【ログイン・ログアウト方法と初心者にも安心なリビジョン機能について】WordPress基本操作マニュアルvol.2

CHACO-WEBかんたんマニュアルとして、WordPressでの基本操作をお伝え致します。

・管理画面へのログイン・ログアウト方法
・【賢い使い方】安心リビジョン機能

今回は上記2点の操作方法をお伝えします。

管理画面へのログイン・ログアウト方法

WordPress管理画面を利用するにあたりソフトや面倒なインストールは必要ありません。

必要なのはインターネットのみ。

管理画面へのログイン方法

WordPress管理画面に入るURLは個別に発行されますのでブックマークなどで保存しておくと便利です。

もしログインページを忘れてしまった場合は、自分のホームページアドレスの次にwp-adminと入れるとそのままWordPress管理画面に入るURLになります。

<サンプル>

ホームページアドレスが https://www.ohayo-japan.com/ の場合、WordPress管理画面に入るURLは、https://www.ohayo-japan.com/wp-admin/ となります。

*wp-adminの前には1つだけ / (スラッシュ)を入れます。

WordPress管理画面へのログインページは特殊な設定をしていない限りこのような画面になります。

・ユーザー名、もしくは登録メールアドレス
・パスワード

の2点を記入し、ログインをします。

ログインパスワードは複雑なものにしておきましょう。その他WordPressのセキュリティに関する記事はこちらの関連記事もご覧ください。

 

管理画面からのログアウト方法

WordPress管理画面での編集作業が完了しましたらその都度ログアウトしましょう。

管理画面右上にあるボタンをクリックします。

ログアウトというボタンが表示されますので、クリックしてログアウトします。

 

【賢い使い方】安心リビジョン機能

WordPress管理画面には自動でバックアップされる「リビジョン」という機能が備わっています。

これまでの編集履歴が残っていますので、過去の状態に簡単に戻すことができるタイムマシンのような機能です。

「編集していて表示が崩れてしまった。」などのような場合の応急処置として使えます。

リビジョンボタンを押します。

リビジョンボタンの右にある「表示」ボタンを押します。

「表示」ボタンの左に書かれている数字は残っている履歴の数です。

リビジョンページに移動すると、これまでの履歴ツールバーが表示されますので、ここを押して過去の状態の確認が出来ます。

戻したい状態が決まりましたら、「このリビジョンを復元」ボタンを押します。

 

まとめ

今回の記事では、WordPressでの基本操作を2つご紹介しました。

WordPressは日本だけではなく世界中で利用されているホームページ編集画面です。できるだけ色々な方が安心便利に使えるようになっていますので、ホームページをこれから作る方は是非WordPress管理画面の搭載を検討してみましょう。


          この記事を書いた人        
タク制作部長
株式会社Cyber Cats 制作部長。2011年よりWebサイト制作業界に入り、日々デザインとにらめっこしています。 美しい文字組みに関心があり、どうしたら相手に伝わるデザインができるか切磋琢磨する日々です。 奇抜な料理とロック好き。
詳しいプロフィールはこちらから
SNSでフォローする