集客できるホームページの作り方からSEOまで運用のコツをご紹介

IEサポートがもうすぐ終了。感謝しながら卒業の準備をしよう

もうすぐInternet Explorer、通称「IE」が終了します。
来年2022年6月15日でサポートの終了を公表しています。
Internet Explorer は Microsoft Edge へ – Windows 10 の Internet Explorer 11 デスクトップアプリは 2022 年 6 月 15 日にサポート終了

現在、IEでCHACO-WEBをご覧いただいている方もいらっしゃるため、早めに他ブラウザへの切り替えをおすすめしたいと思い、記事を書いております。

IEのサポート終了とはどういうこと?
サポート終了するとどのような影響があるの?
を説明して参ります。

 

サポートが終了するとどのような影響があるの?

2022年6月15日以降は、IEを起動できなくなります
これまでのように、サポートは終了するけれど使える状態ではなく、IEは「使えない」点にご注意ください。
代替手段としては、Microsoftが提供するブラウザ「Edge」を通してIEモードを呼び出す方法があります。

しかし、サポート終了となるため、脆弱性への対応修正がされるわけではありません。
サポート終了から時間が経てば経つほど、安全ではなくなります。

社内のシステムなどウェブアプリで「IEのみで動作する」ものを利用している場合は、早急に対応をおすすめします。

 

他のブラウザに切り替えるなら何がおすすめ?

普段のインターネット閲覧や利用なら、どのブラウザでも問題ありません。
Chrome、Edge、FireFoxなどが日本での主要ブラウザとして挙げられます。
現在、最もシェア(使われている)ブラウザはGoogleが提供するChromeブラウザです。

IEの状態を維持したければEdgeの「IEモード」利用となりますが、何年も使い続けるのは安全面からおすすめしません。

 

セキュリティ面で考えれば、今すぐ他のブラウザに切り替えるべし

2021年12月時点で、アプリやホームページでIEのサポートは終了しつつあります。
セキュリティ面で考えると、IEを利用するのは既に安全とはいえません。

IEの仕組み自体が、今の最新技術に追いつけていないためです。
安全なネット利用環境を確保するためにも、早めにブラウザの切り替えをしましょう。

 

インターネット黎明期からの長い歴史を支えてきたIEに感謝して卒業しよう

1995年から始まったIEは、インターネットの歴史を支えてきた存在です。
「ネットを見る=IEを使う」が普通な感覚もありました。
IEならではの不具合なども含めて、Web関係者にとっても付き合いの長い存在といえますよね。

「お疲れ様でした」とIEには感謝をしつつ、新技術に対応するブラウザへ移行していきましょう。

2022年の新年を機に、新しい気分で使うブラウザを変えるのも良いかもしれません。

「ネット関連」「パソコン関連」「ホームページ関連」にも休む前の準備をしましょう。
年末のお休みに入る前のひと手間で安心レベルが違いますよ。


          この記事を書いた人        
ヤマ編集長
株式会社Cyber Cats ブログ編集長。2007年よりWebサイト制作業界に入り、制作から広告、オウンドメディアを 通じたマーケティングを手掛けてきました。 ブログの可能性に目覚め、「いかにわかりやすく伝えるか」切磋琢磨する日々です。観葉植物とファンタジー小説好き。
詳しいプロフィールはこちらから
ヤマ編集長のツイッターはこちら
SNSでフォローする