集客できるホームページの作り方からSEOまで運用のコツをご紹介

【ホームページのバックアップが簡単!WordPressおすすめプラグイン】All-in-One WP Migrationの操作方法を画像で解説-CHACO-WEBかんたんマニュアル

【ホームページのバックアップが簡単!WordPressおすすめプラグイン】All-in-One WP Migrationの操作方法を画像で解説-CHACO-WEBかんたんマニュアル

ホームページに万が一のことがあった場合などに備えて、ホームページのバックアップを用意しておくことは運営上とても重要なことです。

ホームページの管理画面でWordPressを搭載している場合は、無料のWordPressプラグインを使うことで、簡単にバックアップが取れます。

「備えあれば憂いなし」WordPress管理画面がある方は今すぐバックアップをとっておきましょう。

今回は、CHACO-WEBかんたんマニュアルとして、WordPressのおすすめプラグインAll-in-One WP Migrationの操作方法を画像付きでご紹介します。

1、プラグインをインストールします

まずはプラグイン「All-in-One WP Migration」をWordPress管理画面に新規追加(インストール)します。

「プラグイン」>「新規追加」から All-in-One WP Migration を検索します。

プラグインがヒットしますので、「今すぐインストール」をします。

プラグインがヒットしますので、「今すぐインストール」をします。

プラグインがヒットしますので、「今すぐインストール」をします。

2、プラグインを有効化します

WordPressのプラグインについてのお問い合わせの中で比較的多く寄せられる質問ですが、
プラグインはインストールしただけでは、まだ不十分です。

インストールした後、「有効化」をしましょう。

インストールした後、「有効化」をしましょう。

無事、プラグインの有効化が完了すると、メインメニューにAll-in-One WP Migrationのボタンが表示されます。これで準備完了です。

これで準備完了です。

 

3、バックアップを開始します

まずはプラグインを使って、ホームページのバックアップをとってみます。

メインメニューのAll-in-One WP Migrationから「エクスポート」をクリックします。
そのままバックアップを開始してもいいのですが、高度なオプションで「スパムコメントをエクスポートしない」にチェックを入れることを推奨します。
(スパムのバックアップは必要ありませんからね)

次に、緑色のボタン「エクスポート先」をクリックします。

緑色のボタン「エクスポート先」をクリックします。

どこにバックアップを展開するか?と選択できるようになりますが、特に要望がない限りは「ファイル」がいいでしょう。

「ファイル」をクリック

ファイルをクリックすると、いよいよバックアップが開始されます。
何か間違いに気づいたときは、この段階で「エクスポートを停止」することも出来ます。

バックアップが開始されます。

完了すると、以下のような表示になりますので、緑色のダウンロードボタンを押し、バックアップファイルを自分のコンピュータにダウンロードします。

バックアップファイルを自分のコンピュータにダウンロードします。

以上でホームページのバックアップは完了です。

バックアップファイルはWordPressの管理画面からいつでもダウンロード可能

バックアップファイルはWordPressの管理画面からいつでもダウンロード可能なのが、このプラグインのすごいところです。

「以前ダウンロードしたバックアップファイルどこにしまったかな?」
といった場合でも、いつでもダウンロード可能なのですが、バックアップファイルを管理画面(サーバ)に残しておくと、場合によってはファイルが重すぎてサーバ容量が切迫する恐れもあります。
ファイルはきちんと保管し、管理画面からは削除することをおすすめします。

 

4、アップロードして確認します

バックアップが完了しましたら、本当にいつでも復元可能なのかテストをしておくといいでしょう。

バックアップをとった同じサイトで復元しても結果がわかりにくいので、可能であれば別のWordPressサイトを1つダミーで用意し、その管理画面から確認するのがいいと思います。

別のWordPressサイトが用意できましたら、1番と同じ手順で、All-in-One WP Migrationをインストールし、有効化します。

そして、メインメニューAll-in-One WP Migrationから「インポート」を選択します。

先ほどバックアップを「ファイル形式」でダウンロードしましたので、インポートも「ファイル」を選択し、クリックします。

インポートも「ファイル」を選択し、クリックします。

バックアップファイルをアップすると、インポートが開始されます。

インポートが開始されます。

注意事項を確認の上、開始します。

注意事項を確認の上、開始します。

アップロードが完了すると、以下の表示になります。

アップロードが完了すると、以下の表示になります。

「完了」ボタンを押し、ホームページがきちんと復元されているか確認しましょう。

 

データの容量に気をつけましょう

このプラグインには、データの容量に30MBという制限があります。
複雑なホームページの場合、30MB以上のバックアップファイルになることもあります。
その場合は、「All-in-One WP Migration File Extension」という拡張プラグインをインストールすることで、無料で512MBまでアップグレードが可能です。

・All-in-One WP Migration
・All-in-One WP Migration File Extension
の2つのプラグインをインストールし有効化しておくことで、最大512MBまでの容量が利用可能になります。

 

まとめ

今回の記事では、WordPressのプラグインを利用したホームページのバックアップ方法についてお伝えしてきました。

冒頭でもお伝えしたように、ホームページのバックアップファイルは万が一に備え、とても重要なものです。
WordPressの場合は無料プラグインで簡単に操作できますので、ぜひ参考にしてみてください。


          この記事を書いた人        
ヤマ編集長
株式会社Cyber Cats ブログ編集長。2007年よりWebサイト制作業界に入り、制作から広告、オウンドメディアを 通じたマーケティングを手掛けてきました。 ブログの可能性に目覚め、「いかにわかりやすく伝えるか」切磋琢磨する日々です。 観葉植物とファンタジー小説好き。
SNSでフォローする