集客できるホームページの作り方からSEOまで運用のコツをご紹介

【SNSマーケティングを始めよう】WordPress管理画面からホームページにTwitterとFacebookを埋め込む方法を解説-CHACO-WEBかんたんマニュアル

【SNSマーケティングを始めよう】WordPress管理画面からホームページにTwitterとFacebookを埋め込む方法を解説-CHACO-WEBかんたんマニュアル

CHACO-WEBかんたんマニュアルとして、WordPressを利用した各種ツールの埋め込み方法の第二弾をご紹介します。

・Twitter
・Facebook

今回は上記2点に埋め込む方法をお伝えします。

Instagramの埋め込み方法についてはこちらの記事をご覧ください。

 

Googleマップ・YouTube動画・Googleカレンダーの埋め込み方法についてはこちらの記事をご覧ください。

 

WordPressサイトにTwitterの投稿を埋め込む方法

ここではホームページにTwitterのタイムランを埋め込む方法をご紹介します。利用するTwitterの公式サイトが英語表記ですが、難しくありませんので、画像と一緒にご説明します。

1)タイムラインのリンクURLを入力

https://publish.twitter.com/ へアクセスし、埋め込みをするタイムラインのリンクURLを入力します。入力後、矢印ボタンを押します。

タイムラインのリンクURLを入力

今回は、例として当社CHACO-WEB.COMの公式Twitterを埋め込む方法をご紹介します。

2)埋め込みパターンの選択

タイムライン型かボタン型を選びます。今回はタイムライン型の埋め込みをします。

埋め込みパターンを選びます。

3)デザインのカスタマイズ

オプションでデザインのカスタマイズができます。

オプションでデザインのカスタマイズができます。

自社ホームページに合う高さや テーマ(明るいか暗いかの雰囲気選び) を指定して、デザインをカスタマイズします。

自社ホームページに合う高さや テーマ(明るいか暗いかの雰囲気選び) を指定して、デザインをカスタマイズします。

4)埋め込みコードのコピー

生成される埋め込みコードをコピーし、保管します。

埋め込みコードのコピー

5)コピーした埋め込みコードを貼り付け

WordPress管理画面へアクセスし、テキストモードの上、コピーしたタグを貼り付けます。
プレビューにて、きちんと表示されているか確認をします。

コピーした埋め込みコードを貼り付け

最後に公開をして完了です。

 

 

WordPressサイトにFacebookの投稿を埋め込む方法

続いてホームページにFacebookページのタイムラン・投稿を埋め込む方法をご紹介します。

まずは、Facebookのページプラグイン へアクセスします。

Facebookのページプラグイン へアクセスします。

上の図に沿って、AからFまでご説明します。

A)埋め込みをするFacebookページのリンクURLを入力します。

B)ここは変更する必要ありません。

C)サイトに埋め込みする幅や高さを指定します。

D)オプション項目です。お好みのデザインにできます。

E)プレビュー画面です。実際にどのように埋め込みされるかチェックできます。

F)埋め込みコードを発行し、コピーします。Twitterの時と同様、生成される埋め込みコードをコピーし、保管します。

WordPress管理画面へアクセスし、テキストモードの上、コピーしたタグを貼り付けます。
プレビューにて、きちんと表示されているか確認をします。

テキストモードの上、コピーしたタグを貼り付けます。

最後に公開をして完了です。

 

まとめ

今回の記事では、TwitterとFacebookのタイムラインをホームページに埋め込む方法をご紹介しました。

TwitterやFacebookではリアルタイムな情報をお客様に届けることができるのが大きな特徴です。

ただし、ホームページにタイムラインを埋め込みしたものの、SNSの更新がおろそかになってしまっては逆効果ですので注意しましょう。

また、SNSでの情報発信をする上で気をつけたいことを過去の記事でもご紹介しておりますので、ぜひご参考になさってください。


          この記事を書いた人        
タク制作部長
株式会社Cyber Cats 制作部長。2011年よりWebサイト制作業界に入り、日々デザインとにらめっこしています。 美しい文字組みに関心があり、どうしたら相手に伝わるデザインができるか切磋琢磨する日々です。 奇抜な料理とロック好き。
詳しいプロフィールはこちらから
SNSでフォローする