集客できるホームページの作り方からSEOまで運用のコツをご紹介

今からSSL対応をするなら無料のLet’s Encryptがおススメ!

無料で独自SSLを取得しよう

検索エンジン最大手のGoogleが推奨しているホームページのSSL対応。

以前はクレジットカード情報や個人情報などをやり取りするページにのみ対応する傾向にありましたが、現在では、全てのページをSSLに対応させる流れが起きています

参照:【Google Chrome】SSLに対応していないすべてのページに警告を表示 2018年7月から

ホームページ、ブログを運営しているなら、安全にインターネットを利用するために、もはや対応必須の項目ともいえるようになってきました。

一方で、これまでSSLに対応するためには、それなりのコストがかかるのが当然でした。  

「自社のホームページをSSL対応にしたいけれど、予算がないからできるだけコストは抑えたい…。」 

このように考えておられる方も、たくさんいらっしゃるでしょう。 

そこで、今回は無料でSSL対応をすることが可能な『Let’s Encrypt』(レッツエンクリプト)というサービスをご紹介したいと思います。   今からSSL対応をお考えの場合は、ぜひおススメのサービスですよ!  

 

Let’s Encryptとは

『Let’s Encrypt』(レッツエンクリプト)とは、アメリカの非営利団体ISRG(Internet Security Research Group)によって運営されているサービスです。

認証局としてSSL/TLSサーバー証明書の発行・インストール・更新を自動化し、独自ドメインに対応したSSL証明書である「独自SSL」を無料で提供しています。

Let’s Encryptはシスコシステムズ、アカマイ・テクノロジーズ、電子フロンティア財団、モジラ財団などの大手企業や団体の寄付によって運営されているため、独自SSLの無料提供が可能となっています。

Let’s EncryptはもともとHTTPS(=安全なWEBサイトの通信)を広く普及されるために始めたプロジェクト名でした。 しかし、最近では、発行される証明書のことをLet’s Encryptと呼ぶことの方が多くなっています。

 

Let’s Encryptを使うメリット

①無料であること

Let’s Encryptの大きな魅力は、何といっても無料で独自SSLを取得できるという点です。

これまでは、独自SSLを取得するには、月額料金や年間料金などのコストがかかることが一般的でした。

Let’s Encryptでは独自SSLを無料提供しているため、ホームページを運営している人にとって導入しやすいことは言うまでもないでしょう。  

 

②有効期限が実質無効

Let’s Encryptから発行される証明書の有効期限は90日と、他と比較してもかなり短くなっています。

これには2つの理由があります。

◆ 情報が漏洩したり、証明書が誤発行されたりした場合、有効期限が短いために被害を抑えやすいこと
◆ 証明書の自動更新を促すことで、有効期限切れを防ぐ 

 

特に二つ目の理由に注目したいのですが、Let’s Encryptには「証明書が自動更新されるよう設定できる」という特徴があります。
しかも、証明書は無料発行されるため、一度自動更新を設定しておくだけで、有効期限を実質無効化できるということなのです。
レンタルサーバーの中には、Let’s Encryptと連携し独自SSLの自動更新に対応しているサービスもあり、設定もコントロールパネルにてワンクリックするだけと、非常に簡単であることも嬉しいですよね。  

 

③暗号化強度も強い

独自SSLが無料と聞くと、嬉しい反面、「本当に信頼していいのかな…。」と心配になる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、安全を保つために使われている「暗号化強度」は、有料のものと変わりません。無料であるから解読されやすいなどの心配をする必要はありませんので安心してください。

 

④常時SSL対応がしやすい

Let’s Encryptは導入に費用が掛からないため、あなたのホームページを「常時SSL対応」(=すべてのページをSSL対応にすること)にするためのハードルが低くなります。   常時SSL対応にすることで

  • ホームページのセキュリティーが強化される。
  • 検索順位にも有利に働く(=SEO対策になる)。
  • 場合によっては、表示が高速化される。

など、大きなメリットがあります。   費用が掛かりすぎるために常時SSLを諦めていた場合でも、Let’s Encryptなら無料で対応できるので、運営者もユーザーも安心ですね。  

 

Let’s Encryptに対応しているレンタルサーバー

2016年4月のサービス開始以降、多くのレンタルサーバーでLet’s Encryptを使えるようになり、独自SSL機能を多くの人が利用できるようになっています。
表に示したものが、Let’s Encryptに対応している主なレンタルサーバーです。

サーバー名

月額料金

容量

CORESERVER.JP

198

SSD60GB

スターサーバー

250

SSD10GB

JETBOY

290

SSD5GB

さくらのレンタルサーバ

477

HDD100GB

wpxクラウド

500

SSD10GB

heteml

800

SSD200GB

エックスサーバー

1,000

SSD200GB

wpxレンタルサーバー

1,000

SSD30GB

ロリポップ!

100

HDD10GB

まとめ

今回は無料で独自SSL対応をすることができる『Let’s Encrypt』というサービスについて紹介しました。
非営利団体が運営しているこのサービスは、独自SSLを無料提供しているほか、有効期限は実質無効、暗号化強度も抜群ということで、独自SSL対応したい人にはとっておきのサービスといえます。

常時SSL対応が必須になりつつある昨今、あなたのホームのページがまだ対応していないなら、無料ですから試してみることを検討してみてはいかがでしょうか。


こんなお悩みをお持ちではありませんか?

ホームページで集客したいけど予算が限られている・・
古くなったホームページをリニューアルしたい
自作したワードプレスはデザインがイマイチ・・
お客様が集まるホームページを格安で作りませんか?
CHACO-WEBは月々0円で品質の良いホームページを制作しています。
ホームページ作成からリニューアル、ホームページ運営のことまで、なんでもご相談ください。
by
格安ホームページ制作CHACO-WEB.COM,制作ブログ
SNSでフォローする