集客できるホームページの作り方からSEOまで運用のコツをご紹介

【患者様に配慮したデザインで予約を促す】愛知県西尾市 接骨院ホームページ制作事例のご紹介

愛知県西尾市にあります接骨院ホームページ制作事例をご紹介します。

愛知県西尾市にあります接骨院ホームページ制作事例をご紹介します。

サイトはこちらからご覧ください。

・オリジナルデザイン制作
・スマートフォン / タブレット対応レスポンシブデザイン
・WordPress搭載
・常時SSL対応

今回の記事では、制作担当者がホームページ制作にあたり気を使った点についてご紹介します。

メニューボタンの操作性に配慮しました。

ホームページには写真や文字などの情報で溢れています。そのため、ホームページを訪れたお客様に、「どこを見れば自分の探している情報があるのか」ということをデザインで工夫し分かりやすくすることは大切です。

一般的なホームページの場合、トップページから他のページへ移動する場合、メニューボタンをクリックします。
今回の制作事例では、パソコン表示の場合は、メニューボタンをクリックする前に、ページの内容にたどり着きやすいようにスクロールのボタンを設置しました。

スマホ表示の場合は、パソコンとは異なり「マウスを置く」ということができませんので、スマホのメニュー画面で、各ページの情報がわかりやすくなるよう工夫をしました。

メニューボタンの操作性に配慮しました。

 

丸みのあるデザインで安心感を表現しました。

ホームページのデザインというのは、制作者の好き嫌いや「かっこいいから」という主観的な理由ではなく、常に「どんなお客様がホームページを見るのか」という立場から考えることが重要です。

接骨院を探しているお客様は身体に不調を感じている方々です。ホームページを見たときに、安心感のある親しみやすい印象を持っていただけるよう、円や角丸を活用し、丸みのあるデザインをしています。

丸みのあるデザインで安心感を表現しました。

 

CTAボタンは誰でもわかりやすいようにしました。

CTAとはCTAとはCall To Action(コール トゥ アクション)の略称で、日本語では「行動を促すもの」という意味です。
ホームページで、お客様にしてもらいたい行動を誘導することを意味します。
今回の制作事例では、
・電話予約
・LINE予約
の2つが該当します。

ホームページからの集客の最初の関門は「ホームページからいかに多くのお問い合わせをもらうか」です。

そういったお客様にしてもらいたい行動(お問い合わせ)を誘導するボタンは、できるだけわかりやすくいつでもクリックできるようにしておくといいでしょう。

まとめ

オリジナルデザインコースでの制作事例をご紹介し、制作担当者が、ホームページ制作にあたり気を使った点についてご紹介してきました。

ホームページが特別な時代から、誰でも持てる時代になりました。ホームページがあることは当たり前で、ホームページからいかに集客し、売り上げに貢献するか、が問われています。

「かっこいいから」「かわいいから」残念ながらそれだけではホームページからの集客力は不十分です。

ホームページに訪れるお客様像をイメージしながら、デザインをすることが大切ですね。


          この記事を書いた人        
ヤマ編集長
株式会社Cyber Cats ブログ編集長。2007年よりWebサイト制作業界に入り、制作から広告、オウンドメディアを 通じたマーケティングを手掛けてきました。 ブログの可能性に目覚め、「いかにわかりやすく伝えるか」切磋琢磨する日々です。 観葉植物とファンタジー小説好き。
SNSでフォローする