集客できるホームページの作り方からSEOまで運用のコツをご紹介

【ホームページのリニューアルを成功させるために必要なこととは?】千葉県野田市 物流代行会社ホームページ制作事例

【ホームページのリニューアルを成功させるために必要なこととは?】千葉県野田市 物流代行会社ホームページ制作事例

千葉県野田市の物流代行会社のホームページ制作事例をご紹介します。

・オリジナルデザイン制作
・スマートフォン / タブレット対応レスポンシブデザイン
・常時SSL対応
・WordPress搭載
・オリジナルブログ導入
・Googleアナリティクス導入

サイトはこちらからご覧ください。

今回のホームページ制作は、リニューアル制作でした。その目的は以下の4点でした。

・古くなってしまったデザインの全面リニューアル
・時代と共に不要となったコンテンツの統合/排除
・ホームページからの新規お問い合わせ数、求人応募数の向上
・自社運用ができるサイト構築

この4点に焦点を当てながら、なぜホームページリニューアルが必要なのか、についてお話します。

ホームページのリニューアルを成功させるには、きちんと目的意識を持って取り組むことが何よりも大切です。

 

デザインや掲載されている情報が古くなっている

ホームページデザインや掲載されている情報が古くなっている場合、ホームページを訪問したユーザーが見づらいと感じてしまうことがあります。

以下の画像がリニューアル前のサイトデザインです。

 

パソコンやスマホが凄まじい勢いで進化しているため、わずか数年前のホームページでさえも、今の最新の環境から見た場合に不具合が生じることもありえます。

・サポートが終了した(見ることのできない)FLASHを利用している。
・ホームページがスマホに対応されていない。
そういったケースの場合は早急にリニューアル改善をする必要があるでしょう。

また、ホームページを訪問したユーザーにとって使いやすくわかりやすいホームページになっているかどうか、というのは、Google検索順位の最重要ポイントです。検索結果向上のためにもホームページを適時見直しましょう。

 

時代と共に不要となったコンテンツの統合/排除

ホームページを長い間運用していると、ページ数が膨大になってしまうことがあります。
ページ数が膨大になると、ホームページを訪問したユーザーが本当に必要な情報を探し出せなくなってしまいます。

リニューアルをする際に、ホームページにある全てのページを確認し、整理をするといいでしょう。

・【簡素化】不要なコンテンツは削除するか、別のコンテンツと統合する。
・【進化】目的達成率を向上させるコンテンツを新たに追加し、より良いコンテンツ作りをする。

 

ホームページからの問い合わせが減ってきた

新規のお問い合わせが減っているのであれば、早急にリニューアルやサイト設計の見直しが必要と言えます。

お問い合わせが減っている大きな理由は2点です。

・ホームページへのアクセス数が減っている。
・ホームページの構成に改善点があり、問い合わせをしたくなるホームページではなくなっている。

ホームページへのアクセス数を増やす方法は、以前ご紹介しましたこちらの記事もご覧ください。

 

ただアクセス数を増やせばいいという問題でもありません。
アクセスしてくれたお客様から確実にお問い合わせをしてもらうにはどうすればいいのでしょうか?

ホームページの構成を見直し、お問い合わせしたくなるホームページにすることが重要です。

・自社のサービスの魅力や他社との差別化が訴求出来ているか?
・お客様目線でデザイン・設計がされているか?
・ホームページに載っている情報が常に最新であるか?

デザインリニューアルやサイト構成の見直しを行い、ホームページからの新規お問い合わせ数向上を狙いましょう。

 

自社で管理運用ができない作りになっている

ホームページは常に自社で運用更新ができるようになっていることが理想です。

今回のリニューアルでは、新たにWordPressの管理画面を導入しました。
WordPressの管理画面があることで、いつでも簡単にホームページの更新やブログの編集が可能となります。

当ブログでも繰り返しご紹介してきましたが、長期的なSEO対策になるだけでなく、ホームページを訪問するユーザーにも常に最新の情報を届けることができます。

WordPressは固定費用がかかるものではないので、リニューアルの際には導入することをおすすめします。

 

まとめ

ホームページというものは、何かしらの目的を達成するために制作・運用するものです。

リニューアルする場合も、なんとなくという曖昧な理由からではなく、改善点と目的を明確にして取り組みましょう。

– リニューアルの目的を決める。
– 時代に合わせた最適なデザイン構造にする。
– 問い合わせ減少など、現状のホームページが抱える問題点を見つける。
– 長い目で見て管理や運用をしやすいホームページにする。

上記のようなポイントからリニューアルに取り組むことで、より効果の高いホームページにしていくことができます。


          この記事を書いた人        
ヤマ編集長
株式会社Cyber Cats ブログ編集長。2007年よりWebサイト制作業界に入り、制作から広告、オウンドメディアを 通じたマーケティングを手掛けてきました。 ブログの可能性に目覚め、「いかにわかりやすく伝えるか」切磋琢磨する日々です。観葉植物とファンタジー小説好き。
詳しいプロフィールはこちらから
ヤマ編集長のツイッターはこちら
SNSでフォローする