集客できるホームページの作り方からSEOまで運用のコツをご紹介

【実はそんなに難しくない?】ホームページQRコードの作成方法と注意点を解説-CHACO-WEBかんたんマニュアル

【実はそんなに難しくない?】ホームページRQコードの作成方法と注意点を解説-CHACO-WEBかんたんマニュアル

今回の記事では、ホームページQRコードの作成方法をお伝えします。

 

ホームページのアドレスをhttp://から全部入力するのはとても手間がかかります。QRコードを用意しておくことで、スマホのカメラを起動するだけで簡単に指定ホームページへお客様を誘導させることが可能です。

この記事では実際にQRコードを開発した株式会社デンソーウェーブという会社の公式アプリ「クルクル」を利用してQRコードを作成する方法をお伝えします。

 

アプリのダウンロード

まずはアプリ「クルクル」をアプリストアからダウンロードしましょう。

iOSアプリの場合の場合はこちらから。

Androidアプリの場合はこちらから。

 

アプリで簡単QRコード作成

アプリをインストールしたら、アプリを起動させましょう。

1)右下のプラスマークを押します。

2)ホームページURLを入力します。

2)ホームページURLを入力します。

3)QRコードが作成されますので、保存ボタンを押します。

3)QRコードが作成されますので、保存ボタンを押します。

以上たったの3ステップでQRコードが完成です。

 

QRコード作成時の注意点

読み取りテスト

QRコードができたら、必ず読み取りテストをしましょう。
URLのスペル入力ミスなどの可能性も考えられます。本当にQRコードから自分のホームページへリンクするかチェックをしましょう。

QRコードはあるけどリンク先エラーになっては信頼度が下がり、逆効果です。

データ形式・サイズのチェック

印刷に回す場合はデータ形式・サイズなどもチェックしましょう。

パンフレットや名刺などの印刷に利用する場合、データ形式やサイズが問題ないか確認が必要です。

印刷してみてQRコードを読み込んだもののサイズが小さくてエラーになってしまった… となっては印刷したものが全て無駄になってしまいます。

まとめ

今回の記事では、QRコードの作成方法について解説しました。

QRコード自体は最近できたものではなく割と昔からあった技術ですが、ここ最近では、決済時やLINEの友達検索などで広く一般的に知られるようになりました。

ホームページ集客や宣伝の際にQRコードが必要になる場面も増えてくると思います。特に飲食店の場合は、テイクアウト宅配などで専用のページをQRコードでサクッと見せることもできます。

ぜひお試しください。


          この記事を書いた人        
タク制作部長
株式会社Cyber Cats 制作部長。2011年よりWebサイト制作業界に入り、日々デザインとにらめっこしています。 美しい文字組みに関心があり、どうしたら相手に伝わるデザインができるか切磋琢磨する日々です。 奇抜な料理とロック好き。
詳しいプロフィールはこちらから
SNSでフォローする