集客できるホームページの作り方からSEOまで運用のコツをご紹介

初心者でもできるGoogleアナリティクスの登録から設置の方法

Googleアナリティクスの登録方法

ホームページを開設したのに作りっぱなし。
どれだけのお客様が自分のホームページを訪れているか、分からない方は結構多いのではないでしょうか?

無料で高性能なアクセス解析を設置して、自分のホームページのパフォーマンスを確認してみませんか?

今回はGoogleが提供する無料のアクセス解析、Googleアナリティクスの設置方法をご紹介します。

Googleアナリティクスを設置することで、
・何人訪れたか
・どこからきたのか
・どのデバイスを使って閲覧してるのか
・どのキーワードで検索して来たのか
などを把握することができます。

ウェブ集客をする上でとても便利なシステムです。

一度ホームページに導入をしてしまえば、あとは自動でGoogleが解析をします。是非トライしてみてください。

 

Googleのアカウントを用意し、Googleアナリティクスへログイン

Googleアナリティクスを使用するためには、Googleアカウントが必要です。
お持ちでなければ、まずはGoogleアカウントを取得しましょう。

Googleアナリティクスへはこちらのリンクをクリックして行くことができます。
Googleアナリティクス

「計測を開始」ボタンを押し、次へ進みます。

 

計測するホームページの情報を入力し、利用規約に同意する

(1)わかりやすいアカウント名を入力します。

(2)わかりやすいプロパティ名を入力します。(1)で作成したアカウントには複数のプロパティの設定が可能です。複数のホームページを運営されている方はここでわかりやすく管理しましょう。

(3)タイムゾーンと通貨を日本に設定します。

(4)ホームページのURLを入力します。「http://」または「https://」を選択し、そしてウェブサイトのURLを入力しましょう。

(5)「Googleアナリティクス4とユニバーサルアナリティクスのプロパティを両方作成する」にチェックを入れます。

(6)業種とビジネスの規模、利用目的を入力します(任意)。

最後に利用規約に同意します。

 

トラッキングコードをコピーし、ホームページに埋め込みをする

次の画面に進むと、ホームページに埋め込みをするタグが表示されますので、それをコピーします。

タグの右上にコピーボタンがありますので、そちらをクリックします。

埋め込みタグをコピーしたら、ホームページの編集へ移ります。
ホームページのすべてのページに、埋め込みタグを貼り付けします。

この部分はホームページのソースを書き換える作業です。
貼り付ける作業だけなので簡単ですが、不安な場合にはできる人に依頼することをお勧めします。

以上で埋め込みは「90%完了」です。

なぜ90%なのかと言いますと、実はGoogleアナリティクスには2種類あります(2022年1月現在)。

Googleアナリティクス4(GA4)とユニバーサルアナリティクス(UAと呼ばれる従来のGoogleアナリティクス)です。先ほど解説した埋め込みはGA4のタグ埋め込みです。

将来的にはGA4の一本化となることが予想されますが、UAももう少しの間併用していくことを推奨します。

そこで次に、UAのタグ埋め込み方法を解説します。

ユニバーサルアナリティクスのタグも埋め込みする

ウェブストリームの画面を閉じます。

アナリティクスロゴの横にあるボタンをクリックします。

先頭に「UA-」がついているプロパティのビューへ進みます。

画面左下の「管理」ボタンを押します。

トラッキング情報の中のトラッキングコードを押します。

埋め込みコードが表示されます。

今回必要なコードは下から2行目の部分、ここの1行だけです。

GA4タグにUAのコードを一部入れ込み、以下のようなタグを入れて完了です。

<!– Global site tag (gtag.js) – Google Analytics –>
<script async src=”https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=G-EKQTVWRYN2″></script>
<script>
window.dataLayer = window.dataLayer || [];
function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
gtag(‘js’, new Date());

gtag(‘config’, ‘G-OOOOOOO’); →(GA4のタグ)
gtag(‘config’, ‘UA-OOOOOOO’); →(UAのタグ)
</script>

以上で、Googleアナリティクス4とユニバーサルアナリティクスの両方の導入が完了です。

Googleアナリティクス4とユニバーサルアナリティクスの比較については、こちらの記事もご覧ください。

 

まとめ

Googleが計測するいろんなデータを見ていくことで、ウェブ集客の対策を考える材料になります。
どのページでお客様が離れているのかわかったり、思わぬページでアクセス数が伸びていたりします。

いきなり全部のデータを見る必要はありません。まずはどんなことを見ることができるのか管理画面に慣れていくことから始めると良いでしょう。


          この記事を書いた人        
タク制作部長
株式会社Cyber Cats 制作部長。2011年よりWebサイト制作業界に入り、日々デザインとにらめっこしています。 美しい文字組みに関心があり、どうしたら相手に伝わるデザインができるか切磋琢磨する日々です。 奇抜な料理とロック好き。
詳しいプロフィールはこちらから
SNSでフォローする