集客できるホームページの作り方からSEOまで運用のコツをご紹介

【ホームページ制作事例】 埼玉県さいたま市マッサージ治療室ホームページ

今回は埼玉県さいたま市のマッサージ治療室ホームページをご紹介します。

・テンプレート利用デザイン
・スマートフォン / タブレット対応レスポンシブデザイン
・らくらく更新ボタン搭載
・常時SSL対応

サイトはこちらからご覧ください。

今回のホームページ制作では、「(心身)穏やかな雰囲気を出したい」というリクエストのもと、あえてカラーを多用し、やんわりと優しい配色を用いています。配色見本

今回の記事では、そんな「ホームページの配色」に関するお話をしていきます。

配色1つでテーマを分かりやすく伝えることができます。

配色1つでテーマを分かりやすく伝えることができます。

ホームページ制作において、配色というのはとても重要です。
一般的に、1つのホームページにおいて、2~3色までのカラーを決めたほうがいいと言われています。

それぞれ「テーマカラー」「アクセントカラー」と呼ばれています。

*テーマカラーとは、大部分を占めるメインとなる色です。
*アクセントカラーとは、利用箇所は少ないものの、ピンポイントで上手く利用し、ユーザーの視線導線を集める役割のある色です。

テーマカラーの決め方はどうすればいいのか?

ホームページイメージを左右する「テーマカラー」は一番初めに決めた方がいいです。
また、会社のロゴマークなどがある方は、ロゴマークと同じ色を使用するケースが多いです。

「テーマカラー」を決める基準として、ユーザーターゲットに合わせた色を探す必要があるでしょう。色の持つ印象とユーザーターゲットが合致するか今一度考えてみてください。

一例)病院ホームページ:優しいピンク色など

また、テーマカラーで理由もなく激しい色を使うのは避けたほうがいいでしょう。
ホームページでは、そこに記載されている内容(文字など)をストレスなくユーザーに読んでもらう必要があります。そのためできるだけ明度を低くした色を選ぶ傾向があります。

 

ホームページカラーを解析してくれる便利なサイト「Web Color Data」

ホームページテーマカラーの参考として、
有名サイトや自分のお気に入りサイトのテーマカラーを解析してくれるツールがあります。

http://webcolourdata.com/

使い方は簡単です。http://webcolourdata.com/ をクリックして、そのホームページのURLを入れるだけです。
「気になるあの競合サイトはどんな配色だろう」などなど、自社サイトの配色決めの参考になると思います。

「ホームページに載せる内容の決め方」について以前3回に分けて記事を公開しました。
こちらも参考に、より良いホームページになるよう考えていきましょう。


こんなお悩みをお持ちではありませんか?

ホームページで集客したいけど予算が限られている・・
古くなったホームページをリニューアルしたい
自作したワードプレスはデザインがイマイチ・・
お客様が集まるホームページを格安で作りませんか?
CHACO-WEBは月々0円で品質の良いホームページを制作しています。
ホームページ作成からリニューアル、ホームページ運営のことまで、なんでもご相談ください。
SNSでフォローする