集客できるホームページの作り方からSEOまで運用のコツをご紹介

【今すぐ実践できる】ユーザーエクスペリエンスを高めるためのチェックリスト

ユーザー体験をホームページ上で高めるためのチェックリスト

過去2回にわたって「ユーザーエクスペリエンス」について説明してきました。

今回は実践編です。

ユーザーエクスペリエンスを向上させる、なんて少し難しく考えてしまうかもしれません。
いいえ、そんなことはないのです。
要は「お客様が満足できるようなホームページを目指そう」ということなのです。

今回は、チェックリストを用意してそれぞれ解説しています。
これらのリストを満たしていけば、お客様の満足度は確実に上がります。
つまり、ユーザーエクスペリエンスを向上させることができますよ!

 

ホームページで良いユーザーエクスペリエンスを提供するためのチェックポイント

自分のホームページで、良いユーザーエクスペリエンスを提供できているのかどうか確認することができます。
以下のチェックポイントを満たしていれば基本はOKです。

絶対に覚えておくべきユーザーエクスペリエンスとは?何が重要?
ホームページでユーザーエクスペリエンスを向上させるための6つの要素

  1. 適切なデザインにしている
  2. スマートフォンでストレスなく表示される
  3. 5秒以内にページが表示される
  4. 電話番号や連絡フォームが見つけやすい場所に設置されている
  5. 電話番号をタップしてすぐに電話をかけられる
  6. リンク切れがない
  7. お客様の意欲を掻き立てるような鮮明な画像を使っている
  8. 読みやすい文章で構成されている
  9. お客様が商品やサービスを理解しやすい構成にしている
  10. 常に最新の情報が掲載されている

 

適切なデザインにしている

デザインは、ユーザーエクスペリエンスを向上させるための様々な要素を併せ持っています。
“Desirable”好ましい“Credible”信頼できる“Accessible”アクセスしやすいなど複数の要素を同時に持ちます。

それだけに、デザインは重要なのです。
デザインのことはよくわからない、という方もいらっしゃると思いますが、「好ましく、アクセスしやすく、信頼できるデザイン」という視点で考えてみるとお客様の満足度を高められます。

 

スマートフォンでストレスなく表示される

“usable”使いやすいの要素に当てはまります。

いまだにスマートフォンでの表示に対応していないホームページは、スマホで閲覧しているお客様にストレスを与えてしまっています。

半数以上、業種によってはほとんどのアクセスがスマホになっていますから、未対応の方は今すぐ対応しましょう。

 

5秒以内にページが表示される

ページの表示速度は近年とても重要なポイントとして注目されています。“Accessible”アクセスしやすいの要素に当てはまります。

特にスマートフォンユーザーはページの読み込み速度に敏感です。
いつまで経っても表示に時間がかかるサイトは、途中で離脱してしまいます。

逆に、表示速度を速くしただけでコンバージョン率(=目標の達成率)が上がった事例が報告されています。
5秒といわず、できるだけ速く表示できる工夫をしてみましょう。

 

電話番号や連絡フォームが見つけやすい場所に設置されている

“findable”見つけやすいの基本的な例です。

ホームページには、お客様にフォームから予約してほしいなどの目的があります。
その目的を達成するために、お客様が必要なものをすぐに見つけられるようにするのは大切なことです。

 

電話番号をタップしてすぐに電話をかけられる

“usable”使いやすい“Accessible”アクセスしやすいの要素に当てはまります。

スマートフォン閲覧しているとき、ホームページに表示されている電話番号をタップしたらすぐにかけられるのはお客様の満足度を高めます。
お客様側としては、わざわざホームページを見て電話番号を覚えておき、電話を立ち上げて入力するのは手間を感じるものです。

 

リンク切れがない

“Accessible”アクセスしやすいの要素に当てはまります。

意外とホームページ運営者側が見落としてしまいがちなのですが、たまにリンクが切れていてクリックしてもアクセスできないことがあります。
ホームページを更新したときにリンクへ正しく飛べるか確認する
定期的にホームページのリンクすべてを確かめる
というメンテナンスで防止できます。

 

お客様の意欲を掻き立てるような鮮明な画像を使っている

ユーザーエクスペリエンスを向上させる“Desirable”好ましいの要素に当てはまります。

サービスや商品をイメージさせるような画像はできるだけ鮮明なものを用意しましょう。お客様の好感度が上がります。

初めからプロに撮影してもらうことができなくても、以下のポイントに気を付けて撮影すれば素人でも良い写真になります。
明るい場所で撮影する
背景に余計なものが写らないよう気を付ける
角度を工夫する

 

読みやすい文章で構成されている

ユーザーエクスペリエンスを向上させる“useful”役に立つの要素に当てはまります。

ホームページでは、文章も大切です。
お客様は文章を読んで商品やサービスを利用するかどうか判断するからです。

難しく考えてしまいがちですが、書き方を身につければ誰でも適切な文章を書けるようになります。
作文が苦手な人でも大丈夫!集客できるホームぺージの文章作成のコツとは

 

お客様が商品やサービスを理解しやすい構成にしている

ユーザーエクスペリエンスを向上させる“useful”役に立つの要素に当てはまります。

わかりやすい構成のホームページに好印象を抱きます。
逆に、いくら品質の良い商品や素晴らしいサービスを提供していても、ホームページでわかってもらえなければお客様はやってきません。

ユーザーエクスペリエンスの考え方は、ホームページを含めた総合的な過程でお客様に素晴らしい体験を提供することです。
商品やサービスの利用時だけ素晴らしい体験を提供するのではないことを肝に銘じましょう。

 

常に最新の情報が掲載されている

これもユーザーエクスペリエンスを向上させる“useful”役に立つの要素に当てはまります。

お客様は正確な情報を知りたがっています。
ですから、古い情報を見ても満足することはできません。

ホームページには常に最新の情報が載っているように、こまめに更新をしましょう。

 

まとめ

ホームページで良いユーザーエクスペリエンスを提供できているかどうかチェックポイントと改善の方法についてお話しました。

  1. 適切なデザインにしている
  2. スマートフォンでストレスなく表示される
  3. 5秒以内にページが表示される
  4. 電話番号や連絡フォームが見つけやすい場所に設置されている
  5. 電話番号をタップしてすぐに電話をかけられる
  6. リンク切れがない
  7. お客様の意欲を掻き立てるような鮮明な画像を使っている
  8. 読みやすい文章で構成されている
  9. お客様が商品やサービスを理解しやすい構成にしている
  10. 常に最新の情報が掲載されている

以上のポイントができていない場合は、今すぐ改善しましょう。
お客様の満足度が高いホームページにできるはずです!

過去2回の記事はこちら:
絶対に覚えておくべきユーザーエクスペリエンスとは?何が重要?
ホームページでユーザーエクスペリエンスを向上させるための6つの要素


こんなお悩みをお持ちではありませんか?

ホームページで集客したいけど予算が限られている・・
古くなったホームページをリニューアルしたい
自作したワードプレスはデザインがイマイチ・・
お客様が集まるホームページを格安で作りませんか?
CHACO-WEBは月々0円で品質の良いホームページを制作しています。
ホームページ作成からリニューアル、ホームページ運営のことまで、なんでもご相談ください。
by
格安ホームページ制作CHACO-WEB.COM,制作ブログ
SNSでフォローする