集客できるホームページの作り方からSEOまで運用のコツをご紹介

ホームページリニューアルと常時SSL化は個別に対応しましょう

SSL化対応をご検討ください

追記:2017年11月24日

Chrome 62がリリースされました。
予告通り、HTTPぺージに書き込むフォームがある場合、Chromeブラウザ上で「保護されていません」という警告が表示されます。

Chrome62でSSL非対応ページに入力フォームがあると警告が表示されるように

 

SSL化の対応についてご依頼やお問い合わせが増えております。
そこで、リニューアルをご検討中の方へ1点大切なご案内です。

良いタイミングということで、リニューアルと同時に常時SSLに対応したいというご相談をいただきますが、リニューアルと常時SSL対応は別々のタイミングで行うことをお勧めいたします。

常時SSLとは、ホームページのすべてのページをSSLに対応することです。

 

リニューアルと常時SSLへの移行を同時にやってはいけない理由

簡単に理由を説明しますと、問題が起きたときに対処が難しくなるためです。

リニューアルも常時SSL化への移行も、検索結果に大きな影響がありうる変更です。
その大きな変更を一緒にやってしまうと、何らかの問題が起きたときに原因を掴みにくくなってしまいます。

できるだけ大きな変更は個別に行い、問題に素早く対処できるようにしておくべきです。

この情報は、Googleの社員がSEOカンファレンスで述べたことで、重要な指摘と言えます。

「リニューアルも予定していることだし、せっかくだからリニューアルと同時に全ページSSLに対応してしまおう」
というお気持ちもわかりますが、慎重な対応として個別に行っていくことをお勧めいたします。

安定した取り組みの順番としては、

  1. リニューアルをしてから3~4週間ほど検索結果やGoogleサーチコンソールで様子を見て、
  2. 問題がなければ常時SSL化へ移行する
  3. 再び検索結果やGoogleサーチコンソールで様子を見る

というのがお勧めです。

SSLへの移行は大切ですので、優先順位を明確にして取り組みましょう。


こんなお悩みをお持ちではありませんか?

ホームページで集客したいけど予算が限られている・・
古くなったホームページをリニューアルしたい
自作したワードプレスはデザインがイマイチ・・
お客様が集まるホームページを格安で作りませんか?
CHACO-WEBは月々0円で品質の良いホームページを制作しています。
ホームページ作成からリニューアル、ホームページ運営のことまで、なんでもご相談ください。
by
格安ホームページ制作CHACO-WEB.COM,制作ブログ
SNSでフォローする