集客できるホームページの作り方からSEOまで運用のコツをご紹介

SNSでクリック率が上がる?!OGP画像をブログに設定しよう

SNSでクリック率が上がる?!OGP画像をブログに設定しよう

コツコツ続けるコンテンツマーケティング。
SNSでブログ記事を紹介されている方は多いのではないでしょうか。

CHACO-WEBも、もちろんTwitterとFacebookで記事をシェアしています。
シェアした投稿は、できれば多くの人に読んでもらいたいと思いますよね。

少しでもブログ記事のアクセスを増やしたいあなたに、今回はOGP画像の設定をオススメします。

OGP画像って何?から、設定方法までをご紹介します。

 

OGP画像とは?

OGP画像とは、TwitterやFacebookなどSNSでブログ記事をシェアする際に、投稿に表示される画像のことを指します。

OGPとは、「Open Graph Protocol」の略で、シェアするページの情報を自動で表示してくれる機能です。

  • ページのURL
  • ページのタイトル
  • ページの概要説明文
  • ページのイメージ画像(これがOGP画像)

ページリンクを投稿に入れると、これらが投稿に表示される仕組みです。

OGP画像付きのSNS投稿

OGP画像が表示されるよう設定されている投稿


OGP画像なしのSNS投稿

OGP画像を設定していない投稿

 

OGP画像を設定するとクリック率を上げられる

OGP画像を設定するメリットは、クリック率を上げるきっかけになることです。

イメージ画像付き vs イメージ画像なし

まったく同じ投稿でも、イメージ画像付きの投稿のほうがクリック率が上がります。

普段SNSを何気なく見ていて、画像付きの投稿にスクロールの手を止めた経験がありませんか?
人は、視覚情報に大きく影響されます。

いくら素晴らしいブログ記事を書いても、読まれなければ意味がありません。
少しでもクリック率が上がるならOGP画像を設定すべきだと思います。

 

OGPを設定しよう

OGPを機能させるためには、

  • HTMLのソース内にメタタグを挿入する
  • イメージ画像を用意する

ことで表示されるようになります。

WordPressの場合は、プラグインで設定できるものがあります。
残念ながら、すべてのWebサイトでOGPを設定できるわけではありません。
「うちのホームページで設定できるかな?」
ご自分で判断が難しければ、ホームページの制作担当者に確認してもらいましょう。

 

どのような画像を用意すればいい?

SNSによって、表示されるOGP画像のサイズが異なります。
横長で長方形、正方形など形もさまざま。
しかし、以下を意識して画像を用意すれば大体カバーできます。

  • サイズは 横1200 × 縦630
  • メインの被写体(目立たせたいもの)が真ん中に来るようにする
  • 文字入れする際はできるだけ中央で大きめに

パソコンもスマートフォンも高画質が望まれるため、画像のフォーマットはPNGが推奨されています。

 

まとめ

ブログ記事のシェア力を高めてくれるOGP画像についてご紹介しました。
ちょっとした工夫が、クリック率に差をつけていきます。

コツコツ続けているマーケティング努力が実るよう、この情報が参考になれば幸いです。


          この記事を書いた人        
ヤマ編集長
株式会社Cyber Cats ブログ編集長。2007年よりWebサイト制作業界に入り、制作から広告、オウンドメディアを 通じたマーケティングを手掛けてきました。 ブログの可能性に目覚め、「いかにわかりやすく伝えるか」切磋琢磨する日々です。観葉植物とファンタジー小説好き。
詳しいプロフィールはこちらから
ヤマ編集長のツイッターはこちら
SNSでフォローする