【新型コロナウイルスに関する対応について】現在100%テレワーク移行済みで通常営業中です。テレワークに移行したい会社様からのご相談も受け付け中です。お気軽にご相談ください。詳細はこちらから。
集客できるホームページの作り方からSEOまで運用のコツをご紹介

Googleがモバイルメインの検索アルゴリズムに変わります

モバイルファーストインデックス

追記:2017年4月10日

モバイルファーストインデックス(MFI)の導入時期について追加情報がありました。

2017年の後半か、2018年にずれ込む可能性があるとGoogleの社員が語っています。モバイルファーストインデックスへの変更は大掛かりな変更となるため、Googleは慎重に進めているとのことです。明確な時期についてはまだ好評はされていませんが、突然切り替わるといったことはないようです。ウェブサイト管理者にとって十分な準備期間が得られるのはうれしいことですね。

 

検索エンジンの順位決定アルゴリズムが
パソコンメインからモバイルメインへと変わります。

 

11月5日にGoogleから検索エンジンのランキングシステムのアルゴリズム変更について公表されました。
これまで検索アルゴリズムはPC向け表示のホームページを主に使用していましたが、数か月以内にモバイル向け表示のホームページを主に使用することになるそうです。

Googleウェブマスター向け公式ブログでも公表されました。

モバイル ファースト インデックスに向けて

 

いつから変わるの?

変更の時期は具体的には公表されていません。
現段階はテストを繰り返し行っている状態のようです。
変更は世界同時にスタートすると見られています。
2か月から4か月以内にスタートするとの見方が強いです。

 

何が影響を受けるの?

レスポンシブデザインや、モバイル用サイトを作成している場合には影響がないとされています。ただし、モバイルサイトとパソコンサイトに大きな違いがある場合、下記の対策が必要となります。

 

どんな対策が必要?

モバイルサイトがパソコンサイトよりもコンテンツ内容が極端に少ない場合は今回の変更に影響を受けます。
モバイルサイトの内容を追加したり充実させるなどの対策が有効です。

 

パソコン向けサイトしかない場合は?

Googleは引き続きパソコンサイトを見てくれるそうですが、モバイルユーザーが使いやすいように対応することを推奨しています。モバイルでは使いやすくないと感じる場合には対策をしましょう。

 

レスポンシブデザインが一番いいの?

レスポンシブデザインは、管理が簡単ですし今回の変更に対しても影響を受けないという大きなメリットがあります。だからレスポンシブデザインが一番良い方法とは言えません。
以前書いたようにパソコン向けサイトとスマートフォン向けサイトを分けて作るほうが、問い合わせなどの取引を増やすことができることも多々あるからです。

 

今回の変更の発表は、時代がモバイルに大きく切り替わっていることを表しています。自分のホームページを良く見直す良い機会とも言えるでしょう。

 

今だけ!スマートフォン対応のホームページ制作を大幅割幹キャンペーン中!
special39000

 

スマホ用サイトについてはこちらをお読みください

スマートフォンサイトを作るポイントについて

スマートフォンサイトのメリットとデメリットについて


読めば集客力アップ CHACO-WEB
SNSでフォローする

コメントを残す