【新型コロナウイルスに関する対応について】現在100%テレワーク移行済みで通常営業中です。テレワークに移行したい会社様からのご相談も受け付け中です。お気軽にご相談ください。詳細はこちらから。
集客できるホームページの作り方からSEOまで運用のコツをご紹介

【介護系ホームページのワンポイントアドバイス】愛媛県松山市 地域密着型デイサービスホームページ制作事例

愛媛県松山市 地域密着型デイサービスホームページ制作事例

愛媛県松山市にあります地域密着型デイサービスのホームページ制作事例をご紹介します。
テンプレート(ひな型)デザインを利用した制作事例です。

・テンプレート(ひな型)デザイン制作
・スマートフォン / タブレット対応レスポンシブデザイン
・常時SSL対応

サイトはこちらからご覧ください。

介護関連のホームページ制作に関するお問い合わせをたくさんいただきます。
そこで今回の記事では、デイサービスのホームページなどの介護系のホームページを作る際のワンポイントアドバイスをご紹介します。

お客様の大事な家族を任されることになる福祉や介護の仕事では、まずは「安心感」「親しみやすさ」を感じてもらうことが大事だと思います。

今回の制作事例を元に何点かご紹介します。

 

はっきりとした強い色は使わずに、淡い色で優しい雰囲気を出す。

ホームページを見たときに色から受ける印象はとても大きなものです。

強めのはっきりした色は「堂々らしさ」や「自信に満ち溢れている」ようなイメージは与えるかもしれませんが、介護系のホームページ向けとはいえません。
少しトーンを落としたような淡い色をメインに使い、優しい雰囲気を出すのがいいでしょう。

はっきりとした強い色は使わずに、淡い色で優しい雰囲気を出す。

 

角丸などを取り入れ、丸い雰囲気を出す。

写真やボタンアイコンなど、通常は四角になっているものを角丸化しました。
角ばっているより丸味があるほうが「安心感」が生まれるためです。

角丸などを取り入れ、丸い雰囲気を出す。

 

アイコンやイラストを効果的に使う。

アイコンやイラストを効果的に使うことによって、優しく可愛らしい雰囲気を出すことができますが、それ以外にも、「ユーザに情報を理解させやすくする」こともできます。
人間の脳は、文字よりも写真や絵などからの視覚情報のほうが理解しやすいという性質を持っているからです。

アイコンやイラストを効果的に使う。

 

スタッフ写真や実際の写真を極力使う。

「安心感」を出すのはデザインでのテクニックだけでは達成できません。
スタッフの顔写真や現場の写真、リアルな写真もきちんと提示することが大事です。

「でも撮影スキルのない自分でとった写真だけど大丈夫かな?」

というお問い合わせをいただきますが、大事なのは「プロが撮影した綺麗な写真であること」ではなく、「実際のリアルな写真をユーザーにきちんと伝える姿勢」です。

今はスマートフォンでも十分綺麗な写真がとれます。まずはトライしてみましょう。

 

アピールポイントをきちんと表示する。

・居心地の良い空間を心がけている
・食事にこだわっている
・少人数制である 
など、施設によりアピールポイントは様々だと思います。

競合他社と差別化するためにも、アピールポイントはきちんと掲載しましょう。

 

その他

その他として、料金やQ&A(よくある質問)は載せたほうがいいでしょう。

【料金ページ】
施設を検索する上で絶対にはずせないポイントの1つ、それは「お金」です。
ユーザーに見やすく表示されているか、ごちゃごちゃして分かりにくい料金体系になっていないかも考えながら、料金ページは掲載しましょう。

【Q&A(よくある質問)】
よくある質問ページを入れたほうがいい理由は「スピーディに自己解決できるページであるから」です。
また、自己解決できなかった場合を想定し、よくある質問を書いたら、次にお問い合わせフォームを持ってくるとより親切でユーザー満足度向上も狙えます。

 

まとめ

不安を抱える利用者が、安心でき、任せられると信頼するようなホームページづくりを目指しましょう。

いかがでしたでしょうか?

今回の記事では介護・福祉系のホームページを作る際のワンポイントアドバイスをご紹介しました。

利用者・ユーザーは、ホームページに掲載されている情報を元に、施設の検討を考えます。
そのような利用者・ユーザー目線に立ち、料金体系や現場のリアルの写真・情報は正直な内容を掲載することを心がけて、具体的にイメージできるようにしておくことが重要だと思います。

不安を抱える利用者が、安心でき、任せられると信頼するようなホームページづくりを目指しましょう。


読めば集客力アップ CHACO-WEB
SNSでフォローする