ホームページ制作会社CHACO-WEB.COMのブログです。制作実績や各種使い方マニュアルなどをお知らせしていきます。

ドメインとは?SEOに強いドメインの決め方は?初心者でもわかるドメインの話

ドメインって何?SEOに強いドメインとは?どうやって決める?初めてホームぺージを作る初心者でもわかるドメインと、取得方法について解説していきます。サーバーについてはこちらの記事をご覧ください。

 

目次

 

ドメインとは?

ドメインとは、インターネット画面の上(ブラウザのアドレスバーの部分)に表示されているhttp://www.chaco-web.com/の「chaco-web.com」部分のことで、インターネット上における「ホームぺージの住所」のようなものです。info@chaco-web.comのようにメールアドレスの@の後ろにある部分も同じくドメインです。

独自ドメインの部分

 

ドメインは世界に一つだけ

ドメインは世界で1つだけで、同じものは2つとありません。取得は先着順なので、誰かが先に希望しているドメインを取得していれば、そのドメイン名は取得することはできません。そういう場合はトップレベルドメイン(後で説明)を変えるか、少しアレンジしたドメイン名で取得することになります。

 

「.com」や「.jp」の違いは?

「.com」「.jp」の部分をトップレベルドメイン(TLD)といいます。

これらは、国や地域、団体の分野などを表す意味があります。分野による違いや国の違いです。

【例】
「.jp」日本の団体や組織・個人、「.uk」イギリスの団体や組織・個人、「co.jp」日本の株式会社、「.com」商業団体(今は誰でも登録できます)、「.net」ネットワーク(今は誰でも登録できます)、「.org」非営利団体(今は誰でも登録できます)

「go.jp」日本の行政機関や「ac.jp」日本の教育機関のように条件を満たした組織が取得できるトップレベルドメインもあります。

「.com」「.net」「.info」「.org」などは誰でも取得できるのでよく見かけるトップレベルドメインですね。

 

SEOに強いドメインとは?

よく耳にする、「新しく作られたはSEOに弱い」という話は本当でしょうか?

Googleのウェブマスター公式ブログでは、トップレベルドメインの違いは検索順位のランク付けには影響しないと発表しています。

新しいトップレベル ドメイン(gTLD)に対する Google での取り扱いについて

つまり、トップレベルドメインはSEOにはプラスにもマイナスにもならないということです。

 

日本語ドメインはどうか?

「チャコ.com」のように平仮名やカタカナ、漢字の日本語のドメイン名を取得することもできます。ぱっと見で印象が強く、覚えやすい点がメリットです。この日本語ドメインは日本語ユーザーを対象にしたホームぺージには有効ですが、英語環境では日本語ドメインは意味不明な英数字の羅列のようになってしまうので、複数の言語環境を想定している場合には使わないほうが良いでしょう。日本にいる日本語ユーザー向けのホームぺージには有効と言えます。

 

ドメイン名の決め方

ホームページはあなたの事業におけるインターネットの顔です。

ドメイン名はそのホームぺージの住所であり名前となるので、何でもよいとばかりに適当なドメインをとるのはお勧めできません。取得するなら企業名やサービス内容と関連のあるもの、長過ぎず読みやすいもの、そして覚えてもらいやすいものが望ましいでしょう。

 

どうやってドメインを取得するの?

ドメインの取得は、ホスティング会社を利用して取得します。

ホスティング会社はサーバーも一緒にレンタル提供しているので、同時に契約するのが良いと思います。

初めて取得するのでしたら、難しい専門用語が並んでいるホスティング会社では手続きが難しく感じてしまうと思います。できるだけ簡単にやさしい言葉で手続きできる会社を選ぶことをおススメします。

自分の希望するドメインは取得できるかどうかもホスティング会社のホームページ上で確認することができます。

取得方法の例:ムームードメインを利用して取得する方法はこちらをご覧ください。

 

まとめ

ドメイン名を決める作業は、長く愛されるホームぺージ作りの大きな一歩です。ドメインは名刺やパンフレットなどにも掲載することがありますし、メールアドレスにも利用します。難しく思い悩む必要はありませんが、長く利用するものなので自分のサービスや事業名を簡潔に表せるようなものが一番良いと思います。


SNSでフォローする