ホームページ制作会社CHACO-WEB.COMのブログです。制作実績や各種使い方マニュアルなどをお知らせしていきます。

ホームぺージ作成の予算を考える時に知っておくべき費用

ホームぺージ制作の予算決定

 

ホームぺージ制作の予算はどうやって考えればいいの?

ホームページには大まかに1.作って2.維持して3.メンテナンスするコストがかかります。
この3つの合計がホームぺージに必要な予算です。一見、安そう、もしくは高そうに見えたけど、実際はそうではなかったということがありますが、これはすべての予算を総合的に判断していないことが原因です。この記事ではホームぺージにかかる費用について知り、上手に予算をたてるためのポイントについて説明していきます。

 

目次

 

1. ホームぺージを制作する費用(初期費用)

まずはホームぺージを作る費用がかかります。構成を考え、デザイン設計をし、プログラムとして組み立て動作を見るという作業です。実際のお店を開く場合にもまずはお店を外観から内装まで作ることが必要ですが、それと同じことです。

ホームぺージの制作料金の相場についてはこちらの記事で説明している通り、格安から高額まであり、サービス内容も変わってきます

 

2. ホームぺージを維持する費用(維持費用)

ドメインとサーバーを確保し維持するのが維持費にかかる費用です。ドメインとサーバーは大抵同じ会社でどちらもサービスを提供していて、安いところから高いところまで様々です。安くて使いやすいところであれば、ドメイン取得費用が1年間で1,000円ほど、サーバーは月あたり100円から300円ほどです。

この維持費用をホームぺージ制作会社に管理代行してもらうと、月あたり5,000円から10,000円ほどかかります。

 

3. ホームページをメンテナンスする費用(更新費用)

新しいお知らせを掲示したり、切れた電球を交換したり、店内の模様替えをしたり…実店舗でもこまめにメンテナンスが必要なように、ホームページにもメンテナンスが必要です。

メッセージを書き換えたり、料金やメニュー、スタッフの入れ替え、新サービスについて1ページを使ってPRするなど多岐に渡ります。更新は自分で作業すれば当然費用はかかりません。制作会社に依頼する場合は5,000円から数万円ほどです。

また、毎月の更新管理が契約に含まれているホームぺージ制作会社の場合は、5,000円から40,000円ほどです。

 

2年間のトータル費用を総合的に判断すると上手くいく

上記3つの値段がわかったら、必ず1.制作費用2.維持費用3.更新費用の2年間の合計費用を算出してみましょう。総合的に見てみることで、あなたが支払うことになる費用はどれくらいになるのか、サービス内容と総合費用に納得できるのか客観的に判断できるようになります

パッと見は安く思えても、2年後には総支払額が思ったより高くなることや、機能とデザインがイマイチの割には管理費がかかりすぎることがあります。

逆に、最初はそれほど安く思えなかったけれど、2年間トータルでは予想以上に安くデザインや機能も優れているならば、コストパフォーマンスの高い制作会社ということになります。

また、とても忙しく、維持管理を代行してもらうほうが楽ということもあるでしょう。その場合には、毎月の維持管理で作業してくれるサービスの範囲を確かめておき、納得できる会社を選ぶとホームページの運営がスムーズにいきます。

 

コストを抑えるなら、できるだけ1.制作費用を抑えて2.維持3.更新は自分でするのがおススメです。制作するときに、更新を自分でできるように作ってくれる制作会社を選びましょう。

 

初期費用無料の会社にご注意!

初期費用無料でホームぺージを作成し、月額支払い制を採用している会社はどうなのでしょう?

初期費用0円、毎月3万円で5年契約、というケースをよく耳にします。

すべての会社が当てはまるとは言えないのですが、これはリース契約という形でホームぺージを販売している会社です。注意しなければならないのは、途中解約ができない契約が多く、解約する場合にも多額な違約金を請求されるケースがあるためです。

契約満期のときにはかなりの費用を支払っていることになりますが、リースなのでホームぺージもリース会社のものということになり、ホームページは自分のものにならない点も要注意です。

リース販売形式の会社は「初期費用0円!更新も管理もすべてやります!」と謳っており、なかなか魅力的なサービスに見えてしまいます。

上記の通り、2年間先までの総合判断を必ず行い、ホームぺージ(ドメインやサーバーの権利も含めて)が自分のものになるのかどうかまで確認してみましょう。

 

まとめ:長く持ち続ける者だからこそ、予算設計が大切

ホームページは消費するものではありません。作ってから長く運営し、顧客に見てもらったり使ってもらうためのものです。ですから短絡的な判断ではなく、2年という長期的な視点で予算を組むことが大切です。なぜ2年かというと、ホームページは2~5年ほど経過すると技術的、デザイン的な理由で作り替え(リニューアル)が必要になってくるからです。

「ホームページはビジネスにおける大切な財産」です。高すぎて支払いに困窮したり、安すぎて粗悪なホームぺージになったりしないよう、一人でも多くの人が納得できるホームページを作ることができるよう、この記事が参考になれば幸いです。

関連記事:ホームぺージ制作会社の選び方
SNSでフォローする